女性のドッグトレーナーのキャリアパス・結婚後の生活

女性のドッグトレーナーの現状

ドッグトレーナーは男性でも女性でも同じように働ける仕事なので、女性が目指すことも多い職業です。

同じ犬などの動物を扱う職業の中でも、トリマーなどと比べると女性の割合は少なめといわれますが、それでも女性トレーナーは多数活躍しています。

しつけ教室によっては、女性の割合の方が多い職場もあるようです。

根強いペットブームから日常的に犬に触れる人が増え、女性がドッグトレーナーという職業に興味を抱くきっかけも多くなっているのかもしれません。

また専門性の高い仕事であるため、手に職をつけて働きたいと考える女性にとっても魅力的な職業として人気が出てきているようです。

いずれにせよ「ドッグトレーナーになりたい」という気持ちをしっかり持ってさえいれば、男女どちらでも一人前を目指すことができます。

女性のドッグトレーナーの強み・弱み

強み

ドッグトレーナーは犬と関わることだけでなく、お客さまである飼い主とのコミュニケーションも大切な仕事です。

犬との生活の中で困っていることなどをヒアリングしたり、相談にのることが多いため、人の心に寄り添うことが得意とされる女性は、スムーズに仕事を進めていきやすいでしょう。

お客さまの自宅でトレーニングする訪問型のトレーニングを行なっている場合は、お客さまによっては女性のトレーナーを希望する場合もあるため、女性であることが強みとなります。

弱み

ドッグトレーナーは体力勝負の仕事です。

トレーニングする犬は、まだしつけがきちんとできていない場合がほとんどで、思い通りに動いてくれないことは日常茶飯事です。

犬と触れ合うのは体力を要し、訓練では立ったりしゃがんだ理を繰り返すことも多く、体を動かす時間が長くなります。

なるべくデスクワークをしていたいという人には、あまり向いていない仕事でしょう。

女性だからといって楽な仕事を任されるわけではないので、健康で、それなりの体力をつけておくことが大切です。

ドッグトレーナーの結婚後の働き方・雇用形態

ドッグトレーナーは結婚してからも続けやすい仕事です。

トレーナーとしての経験値やスキルが重視されるので、出産後も復職する人が多いようです。

しかし職場によっては人数が少なくて急な休みを取りづらかったり、出産前と同じように夜まで勤務する必要が出てくるでしょう。

以前と同じように働くのが難しい場合は正社員よりも、働く時間をコントロールしやすいアルバイトやパートの方が働きやすい場合もあります。

休暇や休業制度などは大手企業は制度が整っていることが多いものの、しつけ教室は個人経営の場合が多いので、職場によって環境は大きく異なるようです。

中には男性の育児休暇を積極的に取るように推進している企業もあるので、将来のことを見据えて、応募前に確認しておくとよいでしょう。

ドッグトレーナーは子育てしながら働ける?

子育てをしながら働き続けるドッグトレーナーもいます。

職場の待遇や福利厚生が充実していれば、正社員のまま働き続けることもできますが、ドッグトレーナーは土日祝が忙しくなるので、平日休みが基本です。

さらに夏休みや年末年始などが繁忙期となるので、子供と過ごす時間を優先させたい方はパートなどに雇用形態を変えると、仕事と家庭を無理なく両立させていくこともできるでしょう。

またドッグトレーナーは一定の知識や技術を身につければ、独立してフリーランスとして仕事をすることも可能です。

フリーランスになるとどこかの企業などに所属して働くわけではなく、自分の名前で仕事をしていくことになります。

お客さまをどのように集めるかなど苦労も大きいですが、やりがいを感じることができるでしょう。

またスケジュールを自分で調整しやすいため、土日を休みにしたり、空いている数時間だけトレーニングを入れたりと、家庭と両立させて働くこともしやすくなります。

仕事内容もドッグトレーニングそのもののほか、犬のしつけに関する記事を書いたり、講演活動を行ったり、人気が出てくればテレビなどに出演する機会も得られるかもしれません。

ドッグトレーナーは女性が一生働ける仕事?

ドッグトレーナーは経験や知識が評価される仕事なので、スキルを高めれば高めるほど一生働くことができます。

働き方も正社員だけでなく、パート・アルバイト、フリーランスなど希望やライフスタイルに合わせて多様な働き方を選ぶことが可能です。

結婚や出産をきっかけとして、働き方を変える人もいるので柔軟に考えてみるといいでしょう。

フリーランスではとことん働いてキャリアアップを目指すことも、子育て中の空いている時間を上手に活かしながら、無理のない範囲で仕事を続けることも可能です。

独立すれば体力が許す限り、何歳になっても現役で活躍し続けることができます。