このサイトは花屋を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「花屋」

仕事内容
花屋は、主に生花店や園芸店などで、花を販売する仕事です。切り花をメインとしていますが、観葉植物や鉢花などを扱う店も多く、最近ではネット通販専門の花屋も存在します。花を販売するためには、まず市場での仕入れが必要。さらに花の鮮度を保つための水揚げ、水替えなど、作業量は多くなりがちです。華やかな仕事に見えますが、実際は早朝から深夜まで働いたり、真冬に冷たい水を使ったりと、厳しい面もたくさんあります。
なるには
花屋は、誰でもなれるチャンスがある仕事です。特別な学歴や資格も必要ないため、未経験からアルバイトとして花屋で働き、そのまま社員になるというケースも多々あります。専門知識を身につけたいのであれば、大学や短大の園芸科や専門学校などで学ぶこともできますが、やはり花屋の世界では現場経験が一番重視されるようです。なお、ヨーロッパは日本よりもずっとフラワーデザインの歴史が古いため、中には留学して学んだり修業を積む人もいます。
給料
花は鮮度が命であるため花屋は利益を出すのが難しく、独立開業して大成功しない限り、それほど高い収入が得られないのが普通です。アルバイトの時給は800円〜900円程度で、正社員でも年収400万円以下という人も多いようです。しかし、この仕事をする人の大半はいつも花に囲まれていることに幸せを感じると言います。独立を希望する人にとっては、「赤字覚悟でも自分の店を持ってみたい」という気持ちが、成功への第一歩となるなのかもしれません。
将来性
「花屋」といっても、日常向けの切り花をメインとする店、ブライダル用の花をメインで扱う店、ネット通販専門の店など、特徴は店舗によってさまざまです。「お客さまと直接接したい」「フラワーアレンジメントの技術を生かしたい」など、目指す方向によって働き方の選択肢はいくつもあります。多くの人が希望する独立開業は簡単ではありませんが、自分のアイディアや創意工夫を実現することができるチャンスです。