「ガーデンデザイナー」とは

依頼主の要望を基に住宅の庭や公園、庭園を設計・デザインし、美しい景観造りを行う。

ガーデンデザイナーは、個人宅の庭や公共の庭園や公園などをデザインする仕事です。

庭師が実際に植物を切ったり、石を動かしたりするのに対して、ガーデンデザイナーは設計の仕事が中心です。

設計の際には、設計に関する知識だけでなく、自然や植物を深く理解していることが必要になります。

ガーデンデザイナーとして働くときに、必須となる資格はありませんが、造園、園芸系の学科、建築科がある大学や専門学校で学んでおくと良いでしょう。

また、ガーデンデザイナーの民間資格として、日本ガーデンデザイナー協会が主催する「ガーデンデザイナー認定制度」があります。

就職先は、造園会社や園芸店、設計事務所などになります。

「ガーデンデザイナー」の仕事紹介

ガーデンデザイナーの仕事内容

ガーデンデザイナーは、個人宅の庭や街の公園、庭園などを設計・デザインし、美しい景観造りを行う仕事です。

勤務先は造園会社やハウスメーカーが中心となりますが、個人宅の庭造りを専門にしていたり、街づくりの一貫としての仕事を主に受注していたりと、会社によって扱う対象は異なることが多いです。

いずれの場合でも、依頼主からの要望をヒアリングし、植物や造園に関する知識とデザインセンスを生かして活躍します。

ガーデンデザイナーになるには

ガーデンデザイナーは、特別な学歴や資格が必要な仕事ではありません。

関連する国家資格に「造園技能士」や「造園施工管理技士」、民間資格としても「ガーデンデザイナー認定制度」などがあり、仕事に就いてからキャリアアップのために取得を目指す人が多いようです。

ガーデンデザイナーになる一般的なルートとしては、まず造園や園芸科のある大学、短大、専門学校で専門知識を身につけ、関連する会社への就職を目指します。

ガーデンデザイナーの給料・年収

造園会社などに勤める場合の給料は、年収300万円~500万円程度が相場となっています。

一般の会社員とさほど変わりはなく、大抵の会社では各種保険や手当などの待遇も、一般的なものが用意されていると考えておいてよいでしょう。

ただし、中にはかなり小規模の会社もあり、あまり良い条件の下で働けないこともあるようです。

独立開業して1000万円以上を稼ぐことも夢ではありませんが、そのためには経営センスやデザイナーとしての腕を磨く努力が必要です。

ガーデンデザイナーの現状と将来性・今後の見通し

個人宅の庭造りは一定の需要がありますが、大規模な都市開発においても環境に対する意識が高まっており、ガーデンデザイナーの活躍の幅は広がっていると言えるでしょう。

図面設計や配色のセンス、園芸全般や庭園文化に関する知識など、業務上求められるものが多いため、常に勉強を続けていくことが大切です。

また、オーダーメイドで庭造りを行うことが多くなるため、ヒアリング力やコミュニケーション能力も重要な要素となります。