気象予報士のやりがい・楽しさ・魅力

気象予報士のやりがい・楽しさ

正確な天気予報ができたとき

気象予報士は膨大な気象データ、過去の統計をもとに天候を予測します。

近年はコンピューター解析を用いた精度の高い気象予報が可能にはなっていますが、100%正確な気象情報は存在しません。

できるだけ予想の精度を高めるためには、データを細かく分析する粘り強さと経験が重要で、導きだした予想が実際に当たったときの喜びは大きいでしょう。

また気象は気温や湿度、前線の動きなどのデータの通りには必ずしも展開せず、ほんの少しの変化で大きく結果が変わるため、日々異なる事象と対峙することができ、飽きが来ないという点も魅力の一つです。

人々の暮らしを支える仕事

気象予報士が発信している天気予報は、人々の暮らしを豊かにするためには欠かせない情報です。

イベントの開催や商品の売り上げをはじめ、洗濯物を干すか否か、通勤方法をどうするかなど人間の暮らしと密接に結びついているものです。

気象予報士の仕事は天気予報を通して未来を予測することで、たくさんの安心や喜びを提供しており、他の職業とは一味違う誇りとやりがいを感じられる職業です。

気象予報士の仕事内容

気象予報士の魅力

知的好奇心を生かせる仕事

気象について学ぶということは、自然環境について学ぶということです。

天気の移り変わりや自然の偉大さを目の当たりにするたびに、新たな喜びや感動を手に入れることができますし、純粋な知的好奇心や探究心を仕事に生かすことができます。

気象学の観点から世の中を見る

気象予報士は気象学を極められる仕事です。

「夏場の猛烈な暑さが増している」「ゲリラ豪雨が増えている」「竜巻の発生が増えている」といった断片的な事象を重ね合わせて分析していくことで、今の地球に何が起きているのかという大きな真実に近づくことができます。

気象の変化の背景には地球温暖化や砂漠化など、重大な問題が隠されていることも珍しくないため、こうした現象にいち早く気付いて警鐘を鳴らすのも、気象予報士の大切な使命となります。

天気を通して今の時代を見つめ、これから私たちが何をすべきかを考えていけるということは、気象の専門家の醍醐味といえるでしょう。

人々の安全を守る

気象予報士として天候を予測し、情報を伝えることは人々の安全にもつながります。

特に漁業や農業などの第一次産業についている人は天候に仕事が大きく左右されますし、ときには命にかかわることもあります。

また近年は台風や竜巻、ゲリラ豪雨、猛暑をはじめとした異常気象により多くの被害が出ており、人命が危険にさらされる場面も増えてきています。

こうした現象をあらかじめ予測していれば被害を最小限に食い止めることができますし、警報などを通し広く周知できれば、その地域に暮らす人々の安全を守ることができます。

医師消防士のように直接人の命を救う仕事ではありませんが、仕事を通して多くの人の命を助けることができるのが気象予報士です。