農家への転職・未経験からなるには?

農家への転職状況は?

近年では、「食」の安全への意識の高まりや田舎暮らしの人気とともに、若い人のなかにも農業に興味を持つ人が増え始めています。

脱サラして農家を始めるという人は後を絶ちませんし、サラリーマンを定年退職してから、農家を始めるという人も少なくありません。

農家への転職の志望動機で多いものは?

「自然のなかで汗を流して思いきり働いてみたい」「安心安全な食物を自分の手で育ててみたい」という希望をもって、サラリーマンから農家へ転職する人が多いようです。

また、サラリーマン生活にストレスを感じ「ゆったりと田舎で暮らしたい」「ストレスなく働きたい」と自然の中での生活を志す人もいるようです。

未経験・社会人から農家になるには

農業法人に就職するか、自営か

農家に転職する場合、大きく分けると「農業法人に就職する」道と「個人事業主として開業する」道があります。

農業法人に就職する場合は、普通のサラリーマンと同じように体ひとつで会社に入り、給料をもらいながら農業の担い手として働くことになります。

特別な準備は必要ありません。

一方、個人事業主として開業する場合は、農地から農耕機具まで一通りを自力で揃えなければ農業をスタートすることができません。

開業には500万円以上の初期投資が必要だといわれていますので、開業を考えている人は十分な資金を貯めることが大切です。

支援制度を利用する

新規で就農する人は、農林水産省の支援制度を使うこともできます。

一定の条件に合えば、年間150万円を最長2年間受け取ることができるという制度です。

こういった制度をうまく活用することで、農家への転職実現の可能性を高めることができるでしょう。

農家への転職に必要な資格・有利な資格

農家になるためには特別な学歴や資格は必要ありません。

ただし、農業にはさまざまな技術が必要なので、実際には農業大学校や民間の専門学校の農業園芸コースなどで2年ほど勉強するか、あるいはアルバイトや契約社員として農家の手伝いをしながら指導を受けるかなどで何らかの経験を積んでから農業の道に進む人が多いようです。

農家に必要な資格はある?

農家に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

農家は年齢を重ねてもできる仕事です。

新規就農者の年齢は60歳以上が大半です。

つまり仕事をいったん退職してから本格的に農業をしている人が多いのです。

農業従事者も高齢化が進んでいますが、70代や80代で現役の人も非常に多いのが特徴です。

ただし、年齢を重ねてからの転職にはデメリットもあります。

まず体力の低下です。

農業をするには体力が不可欠なため、20代で農業を始めるのと60代で始めるのとでは全く勝手が違います。

また、経験も大きな差となります。

現在多くの高齢者が年齢を重ねても農業ができるのは、若いときから積み重ねた経験があるからで、新規就農者がまったく同じように働くことは無理があります。

こうしたことを踏まえると、農家を目指す場合はできるだけ若いうちに行動に移した方がよいといえるでしょう。