ガーデンデザイナーへの転職・未経験からなるには?

ガーデンデザイナーへの転職状況は?

美しい庭造りのために自分のセンスやアイディアを最大限に発揮することができるガーデンデザイナーは、「クリエイティブな仕事がしたい!」という若者のあいだで人気の職業となりつつあります。

ガーデンデザイナーの場合学歴は必要なく、植物や造園について学べる専門学校で勉強しないとなれないわけではありませんし、必須の資格もありません。

学歴や資格が一切必要ないということは、多くの人にチャンスが開けているということです。

年齢制限や男女の差別もないので、転職したいという人にも飛び込んでいきやすい環境だと言えるでしょう。

ガーデンデザイナーへの転職の志望動機で多いものは?

ガーデニングデザイナーへの転職する人は「いつか植物に関わる仕事をしてみたい」という夢を持っている人が多いです。

小さな頃からガーデンデザイナーを目指す人もいれば、ほかの仕事をしながらガーデニングをはじめて魅力を感じ、本職として関わりたいと思う人もいます。

植物や自然が好きという志望動機を持つ人は多いので、面接で話す際にはさらに具体的なエピソードや自分の思いを交えながら志望動機を考える必要があるでしょう。

ガーデンデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からガーデンデザイナーになるには

転職先の選択肢としては、造園会社、ハウスメーカー、工務店、ホームセンターのエクステリア部門などがあります。

即戦力となる経験者を募集しているところが多いのですが、なかには未経験者可という求人もあるので、インターネット等で求人票をよくチェックすることが大切です。

ほかの志望者と差別化を図るために、園芸を学べる専門学校やガーデニング講座に通ったりするのも一つの方法です。

ガーデンデザイナーへの転職に必要な資格・有利な資格

ガーデンデザイナーになるための資格や免許はありません。

ガーデンデザイナーは国家資格ではないので、共通の試験などは行われていません。

「ガーデンデザイナー認定試験」という制度はありますが、これはキャリアアップのために受験する人が多く、転職の際にはなくてもよいでしょう。

ただし、打ち合わせや現場へ向かう際に「自動車運転免許」が求められることもあるので、あらかじめ取得しておくことをおすすめします。

ガーデンデザイナーへの転職に役立つ職務経験は?

ガーデンデザイナーの転職に役立つ職務経験は、接客経験です。

仕事をする上では依頼主がどんな庭をつくりたいのか、どんな植物を植えたいのかなどコミュニケーションをとる必要があるため、接客経験が豊富な人は、スキルを評価してもらえるでしょう。

またやり取りの中では、一般的な常識やマナーが求められるため、社会人経験がそのまま生かせる部分も大きいでしょう。

ガーデンデザイナーへの転職面接で気をつけるべきことは?

面接では、受け答えだけではなく「コミュニケーション力」や「身だしなみ」も見られています。

笑顔でハキハキとわかりやすく受け答えできるか、清潔感のある身だしなみや服装であるかなどをしっかりとチェックしておきましょう。

ガーデンデザイナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

転職をするのであれば、出来るだけ若く気力と体力があるうちにこの業界に飛び込んだほうが良いでしょう。

ガーデンデザイナーは学歴や資格が必要なく、情熱だけで飛び込んでいくことができる世界である一方で、一人前になるまでに長い時間がかかります。

植物を取り扱う知識や設計図を描くスキル、美術的なセンス、どれをとっても短期間で身につけられるようなものではないので、独学で勉強したり先輩たちの仕事ぶりを見て盗んだりしながら、たくさんの下積みをすることが大切です。

多くの企業では、まず先輩のアシスタントとして作業を手伝い、一人前になってからようやく単独で案件を任されるようになります。

大きな案件を任せてもらえるようになるまでは、何年もかかるということは覚悟した上で、辛抱強く経験を積んでいく粘り強さが求められます。

体力のある若いうちであれば、こうした修業期間も乗り越えることができるでしょうし、下積み時代に給料が低くてもなんとか生活ができるというケースが多いでしょう。

年齢が若いことで「将来性がある」とみなされて未経験者でも採用されやすいというメリットもあるので、転職を考えるのであれば早いうちがよいでしょう。

未経験からガーデンデザイナーの転職での志望動機

どうしてこの企業を選んだのかという理由や、熱意の伝わる志望動機を具体的なエピソードを交えながら語るとよいでしょう。

たとえ未経験だったとしても「コミュニケーション力」「社会人経験」「体力があること」などは、アピール材料として使うことができます。