ペットシッターへの転職・未経験からなるには?

ペットシッターへの転職状況は?

ペットシッターへの転職は、学歴や職歴に関係なく挑戦することができるので他業界からチャレンジする人も多いです。

ペットシッターを派遣している会社に雇ってもらうことができれば、ペットシッターとして働くことができます。

求人情報はインターネットにも掲載されていて、条件さえ合えば応募することができるので、自分の住んでいる地域のペットシッターの募集がないかチェックしてみましょう。

ただし転職の需要は、新卒採用と同様に多くありません。

「未経験OK」の採用募集もありますが、アルバイト・パートが多く、正社員の募集が少ないのが現状です。

不安定な雇用状態になる可能性があること、正社員として働いても前職よりも年収が下がる可能性があることなどを考慮した上で転職するのがよいでしょう。

ペットシッターへの転職の志望動機で多いものは?

ペットシッターへの転職の志望動機で多いものは、「動物が大好き」という理由です。

仕事を通してペットと散歩をしたり、遊び相手になって何時間も一緒に過ごせるのは、ペット業界の中でもペットシッターの仕事が1番でしょう。

そのため未経験の他業界から思い切って転職する人もいますし、動物病院やペットショップでのキャリアを生かして、キャリアアップのための転職する人もいます。

またペットシッターは業務委託という雇用形態をとっている企業や店舗も多く、ライフスタイルに合わせて働きやすいのも魅力です。

何時から何時までという制約の中で働くのが難しい人が、ある程度自由がきくペットシッターに転職する場合もあります。

ペットシッターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からペットシッターになるには

未経験の中途採用もあり

未経験・社会人からペットシッターになるのに、必要な資格はありません。

研修制度が充実している企業では未経験OKの採用も行われているので、未経験の中途採用でも、ペットシッターになれる可能性はあるでしょう。

ただしペットシッターの採用は狭き門であるため、有利になる資格は取得しておいた方がよいかもしれません。

スクールによっては数ヶ月で取得できるものもあるため、検討することをおすすめします。

独立開業には注意が必要

学歴や職歴を問わず働くことができるペットシッターですが、独立開業するときには注意が必要です。

「動物取扱業」の申請に、動物に関わる仕事をしてきた経験や学歴、資格などが必要になるため、事前によくリサーチをして計画的に動くとよいでしょう。

ペットシッターへの転職に必要な資格・有利な資格

ペットシッターへの転職に必要な資格はありませんが、動物関連の資格があると有利です。

動物関連の資格は幅広くあるので、興味がある分野や、転職を急ぐ人は短時間で取得できる資格を選ぶとよいかもしれません。

ペットに関する資格

たとえばペットについての知識があることは「愛玩動物飼養管理士」「認定ペットシッター」「ペットシッター士」などで証明することができます。

参考:公益社団法人 日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士について

参考:ペットシッタースクール 認定ペットシッター養成講座

参考:日本ペットシッター協会 ペットシッター士について

しつけに関する資格

またしつけについては「家庭犬訓練士」、トリミング技術は「トリマー」資格、看護や介護についてのプロフェッショナルである資格は「動物看護師」です。

参考:一般社団法人ジャパンケネルクラブ 訓練士について

参考:一般社団法人ジャパンケネルクラブ トリマーについて

参考:一般財団法人動物看護師統一認定機構

とくに特色があるサービスを提供している企業では、上記の資格があると重宝されるでしょう。

ペットシッターへの転職に役立つ職務経験は?

動物関連の職務経験

ペットシッターへの転職に役立つ職務経験は、やはり動物に関係する仕事です。

まったくの未経験よりは、動物に関する専門学校を出ている人や、トリマーやペットショップ店員などのように動物関連の仕事をした人が、雇用主や依頼主から信用を得やすいでしょう。

他職種のスキル

ときには他人の家の中に入ってペットの世話をすることになるので、依頼主であるお客さまとの信頼関係を築けるかがとても重要です。

そのため他職種のスキルも、ペットシッターへの転職に役立ちます。

たとえばコンサルティング業を経験したことがある人は、打ち合わせやアフターフォローなどで細やかな気配りができる点で、前職でのスキルを生かすことが可能です。

またペットシッターはペットのエサやりや散歩、トイレの世話などのケアを丁寧にすることが求められるので、ヘルパーや看護師、保育士などの医療や福祉、保育にたずさわっていた人も最適でしょう。

お客さまに気持ちよく接することができる接客経験や、コミュニケーションスキルも生かすことができます。

ペットシッターへの転職面接で気をつけるべきことは?

ペットシッターの転職で面接で気をつけるべきことは、第一印象を大切にすることです。

ペットシッターはペットの飼い主であるお客さまに信頼されることが重要な仕事なので、清潔感があり礼儀正しい印象が好まれます。

とくに女性はピアスやネックレスなど派手なアクセサリーはさけ、清潔感があるように爪も短い方がよいでしょう。

男性は、飼い主が女性であることが多いため、安心感があって明るい印象となるように髪型、服装、臭いにも配慮しておくことが必要です。

また志望動機や転職理由などをハキハキ答えられるように、事前に練習しておくことをおすすめします。

志望動機では「動物が好き」という点だけでなく、企業や店舗にどう貢献できるのか、即戦力として働けるスキルがあるかなどをアピールすることが大切です。

ペットシッターへの転職可能な年齢は何才くらいまで?

ペットシッターへの転職可能な年齢に、制限はありません。

求人募集を見ても年齢制限をしている店舗はほとんどなく、年齢制限が設けられている場合でも「59歳まで」とされています。

しかし実際はあまりにも新人と先輩との年齢差があると、人間関係を構築するのが難しいため、採用を30代までに絞っているケースも多いようです。

とくにペット業界は専門学校を卒業してからすぐに就職する人が多いので、20代後半に店長になっているケースも多く、30歳は経験10年のベテラン社員となります。

また動物は生き物で性格も個体差があり、教科書通りには進まないため、現場経験を積まなければいけない仕事です。

技術や知識を身につけるまでには時間がかかるため、長く続けるためにもなるべく若い人材を採用したいと考える企業が多いといわれています。

未経験からペットシッターの転職での志望動機

未経験からペットシッターへの転職での志望動機は、どんな点で店舗に貢献できるのかをアピールするとよいでしょう。

まったくの未経験であっても、これまでの社会人経験の中で接客経験を身につけている人が多いので、とくに初めて会うお客さまに安心感を与えられることは何かを考えるとわかりやすいです。

たとえば接客業であれば「どんな難しいお客さまにも対応できる」という点や、営業サポートなら「社内のコミュニケーションを円滑にするために努力したこと」などをアピールすることができます。

動物が好きという理由だけでなく貢献できるポイントを盛り込むと、未経験でも強いアピールになる志望動機を作ることが可能です。