漁師のつらいこと・大変なこと・苦労

多くの漁師は後継者不足に悩まされているのが現状です。

漁業を含む第一次産業は「5K」と言われ若者から魅力を感じないと敬遠されることも少なくありません。

また、漁師にとって一番大変なのは、常に危険との隣りあわせの仕事であり、どんなに注意していても不慮の事故が起きてしまうことです。

さらに、漁師は収穫量によっても収入が変わるため、こうした収入の不安定さをカバーするために、漁協の婦人部が水産加工品の調理や販売をしてお金を稼ぐケースも多くあります。

この記事では、漁師のつらいこと・大変なこと・苦労について解説します。

漁師のつらいこと・大変なこと

5Kと呼ばれる第一次産業

漁業を含む第一次産業は

  • きつい
  • 汚い
  • かっこわるい
  • 稼げない
  • 結婚できない

といわれ、「5K」と敬遠されがちな職業でもあります。

漁師は日本の食を支える大切な仕事ではありますが、反面環境がハードだったり、収入が不安定だったりする面もあり、決して楽な仕事とは言えません。

とくに若者からはこうした過酷な仕事にはあまり魅力を感じられないと敬遠され、多くの漁師は後継者不足に悩まされているのが現状です。

危険と隣り合わせの仕事

漁師にとって一番大変なのは、常に危険との隣り合わせの仕事ということです。

広い海原に船を浮かべて魚を獲る際には、どんなに注意していても不慮の事故が起きてしまうこともあります。

とくに多いのは「転落事故」です。

船の走行中や船を止めて漁をしているときに海に落ちてしまう事故のことです。

小型船に乗って1人で漁をしている場合は、救助や発見が遅れて亡くなってしまうケースもあります。

天候が荒れて波がうねっていたり風が強かったりするときに、こういった事故が起こりやすいので、慎重に作業をすることが必要です。

漁師自身にも常に事故への不安や恐怖はありますが、帰宅をまつ家族にとっても、無事に帰ってくるまでなかなか安心できないというつらさがあるそうです。

漁師になることは、こういった危険を覚悟したうえで細心の注意を払いながら漁に出ることなのです。

漁師の悩み

漁師の仕事は、その日の漁獲高によって収入が変わります。

大量に獲れた日にはたくさんの収入を得られる一方で、ほとんど獲れなかった日には当然収入もわずかになります。

漁獲高は季節を通しても大きく変化しますし、天候によっても左右されるため、一年を通して収入の波が激しくなります

サラリーマンのように毎月決まった額の収入があり、ボーナスがあるような生活とはまったく違うというのが現状です。

こうした収入の不安定さをカバーするために、漁協の婦人部が水産加工品の調理や販売をしてお金を稼ぐケースも多くあります。

干物のような長期保存ができる加工品は持続的な売り上げにつながるため、大切な収入源になります。

漁だけに頼らない工夫をすることで、収入の不安定さを補うことも大切なことなのです。

漁師を辞める理由で多いものは?

水産庁の資料によると、35歳以上55歳未満の者の離職理由は、

  • 経営体によるもの
  • 収入や労働条件のため

が多くを占めています。

「経営体によるもの」とは、業績悪化・倒産・解雇などのことです。

漁業は一般的なサラリーマンのように定期的な収入があるわけではないため、生活の不安定さに不安を覚え、転職をする人が多いようです。

とくに災害や気象条件等により一度大きく経営が傾いてしまうと、そのまま倒産したり廃業したりしてしまう人が少なくありません。

また、そうした状況に追い込まれ、安定した収入を得るために漁業をあきらめ転職してしまう人も多いようです。

「漁師のつらいこと・大変なこと・苦労」のまとめ

漁師のつらいこと・大変なこととして、5Kと呼ばれる第一次産業であることや、危険と隣り合わせの仕事であることが挙げられます。

漁師の悩みとしては、その日の漁獲高によって収入が変わることなどが挙げられます。

漁師を離職する理由として、経営体の倒産などによるものや、収入や労働条件によるものが多くを占めています。