ペットシッターの需要、現状と将来性

ペットシッターの現状

日本でのペットシッターの認知度は、欧米に比べてまだまだ高くありません。

しかし近年はペット業界でさまざまなペット関連のサービスが広がっており、ペットの毛や爪をカットするサロンや、ペットを一時的に預かるペットホテル、ペット専門の洋服店も増えてきました。

このようなペットブームの中、仕事が忙しいときや旅行で留守をするときにペットシッターにペットの世話を依頼する人が少しずつ増えてきています。

しかしペットを飼っている一部の人の中に利用者がいるという程度で、ペットシッターという仕事自体を知らないという人や、よくわからないから利用するのは不安という人もいるのが現状の課題です。

ペットシッターの需要

ペットシッターの需要は、これから伸びていくと考えられています。

最近はペット飼育可のマンンションやアパートが増え、都会で一人暮らしをしながらペットを飼う人が急増しました。

またペットを飼う共働き世帯や高齢者も増加し、さらにペットの高齢化も進んだ社会では、ペットシッターはさまざまな家族に必要とされるサービスでしょう。

依頼主のスケジュールに合わせて対応する必要があるため、求人のニーズは正社員よりもアルバイトやパート、業務委託が多くなっています。

また資格が求められず、税務署に開業届を出せばフリーランスとして働くことができるため、個人で仕事をすることや副業として働くことも可能です。

まだ認知度が低いことが課題ではありますが、逆にいうとこれからもっと世間の認知度が上がっていくことが期待されている職業でもあります。

ペットシッターの将来性

ペットシッターはこれからの世の中にさらに必要とされる可能性が大きく、将来性のある仕事といえるでしょう。

仕事や出張で家をあけるときにペットの世話を頼む人が身近にいない家庭が多いので、ペットシッターが活躍できるチャンスがあります。

またお年寄りの場合が体調を崩したり、入院してしまったりして一時的にペットの世話ができなくなることも多いので、いざというときにはペットシッターに世話を頼めるようにしておくことが大切です。

さらに少子化社会の中で子どもを望む夫婦が減っており、子どもの代わりにペットを家族に迎えるというケースもあります。

世の中の変化とともに、ペットシッターが仕事を受注できるチャンスも増えていると言えるでしょう。

ペットの家族から見れば、家族だけでは難しいペットの世話をプロに依頼することで、より生活を充実させることができます。

そのためにSNSなどでペットシッターの知名度を上げ、正しい理解をしてもらう情報発信が不可欠でしょう。

ペットシッターの今後の活躍の場

ペットシッターは日本で発展途中のサービスである分、今後の活躍の場は大いに期待ができます。

ペットシッターを利用したことがある人は全体の1割にも満たないといわれています。

まだペットシッターを利用したことのない家族との関わりを持つことで、より多くのビジネスチャンスがあるでしょう。

旅行中や出張時の留守番サポート、子犬や子猫・高齢ペットの長時間の留守番を避けるための世話、飼い主の入院や通院による散歩代行など多様化した需要のニーズをキャッチすることが大切です。

認知度アップのための営業活動や広報に力を入れてビジネスチャンスをしっかりつかむことで、これから活躍の場を広げることができるでしょう。