「獣医師」とは

ペットや家畜の診察・治療を行う動物のお医者さん。食肉検査や野生動物保護に携わる人も。

獣医師は、犬や猫などのペットの治療を行うというイメージがありますが、実際にはその他の分野でも多くの獣医師が働いています。

畜産業の牛、馬、豚、鶏など家畜の診療や病気の予防、食肉の安全性の検査、動物園の動物の診療、野生動物の保護、管理など、獣医師の活動する領域は多岐にわたります。

獣医師として働くためには獣医師国家試験に合格することが必要です。

大学の獣医学部で6年間勉強し、獣医学の課程を修了することで受験資格を得ることができます。

入試の難易度は高く、また学費も高額です。

就職先として最も多いところは動物病院ですが、割合は50%程度です。

それ以外では、地方自治体や農協、医薬・製薬関連企業などがあります。

「獣医師」の仕事紹介

獣医師の仕事内容

ヒト以外の動物の命全般を扱う仕事

獣医師は、人間以外の動物に対して病気や怪我の診察・治療を行う仕事です。

動物病院で犬・猫・ウサギ・鳥など小動物の診療を行う獣医師は「小動物臨床獣医師」といい、最もよく知られている獣医師の仕事です。

それだけでなく、他にも動物園や水族館にいる大きな動物の治療を行ったり、家畜動物の管理に関わったり、研究機関で動物用医薬品の研究開発分野に携わったりと、幅広く活動しています。

実験動物管理施設で、動物愛護の面から適切な管理をしたり、人畜共通感染症について研究をするなど、獣医師の活躍する場は幅広くあります。

人間の病院のように診療科目が分かれておらず、また動物の種類はさまざまなため、動物全般に関する豊富な知識が必要です。

獣医師の就職先・活躍の場

動物の関わる様々な場で活躍する

獣医師の就職先としてまず挙げられるのが小動物臨床分野(動物病院の獣医師)ですが、獣医師の活動範囲は広く、活躍の場も多数あります。

・検疫官として感染症の検疫業務をする
・実験用動物を、動物愛護の観点から適正に飼養管理する
・発展途上国へ赴き、家畜動物その他の衛生管理の指導をする
・動物園などで希少動物の人工授精をしたり、野生復帰にたずさわる
・牛、豚、馬、鶏など、家畜の飼養管理、防疫

など、動物の命の関わるもの全てにおいて獣医師が関わるといっても過言ではないでしょう。

獣医師1日

命を扱うため、突発的業務も多々ある

獣医師は、どこに勤務していても「命」を扱うことに変わりはないため、予測不能な状況にも応じなければいけません。

ここでは、動物病院に勤める獣医師(小動物臨床獣医師)の1日を追ってみます。

獣医師(小動物臨床獣医師)の1日のスケジュール


8:30 清掃、入院管理、朝礼
院内の清掃、入院している動物の診療やお世話のあと、その日の予定や連絡事項の伝達を行います。

9:00 午前診療
外来診療、予防接種、定期健診などを順次行います。

動物病院は苦手な動物が多く、嫌がって診察室に入らなかったり、過呼吸を起こしてしまう動物もいます。

飼い主さんの手を借りながら、なんとか処置を行います。

13:00 手術
午前の診療終了後から午後の診療開始までの時間に手術を行います。

16:00 午後診療
午前と同じく、外来診療、定期健診などを順次行います。

19:00 カンファレンス
午後診療終了後、来院した動物の症例について、獣医師全員で治療方針などを検討します。

夜間診療を行っている場合、このタイミングで早番と遅番の申し送りをします。

23:00 夜間診療
急性症状などの動物を受け入れ、診察・治療をほどこします。

場合によってはかかりつけ医への受診を促すこともあります。

獣医師になるには

獣医学部卒業後、国家試験を受ける

獣医師として働くには、国家資格である獣医師免許の取得が必要です。

高校卒業後、獣医師養成課程のある大学(6年制)に進み、必要な課程を修了して、獣医師国家試験の受験資格を得ます。

国家試験に合格すると、獣医師として働くことができます。

獣医学部は、医学部に並んで成績優秀であることを必要とされるため、高校在学中からしっかりと勉学に励むことが大切です。

入学試験では数学、生物、化学、英語の得点を重視されることが多いので、これらの科目は特に重点的に学んでおくとよいでしょう。

獣医師の学校・学費

国立大学と私立大学で差が大きい

獣医師になるには、獣医学を学べる大学において、最低でも6年間通うことが必要です。

獣医系大学は国公立合わせても全国でわずかしかなく、難易度は医学部に匹敵するとも言われています。

獣医学を学ぶ場合、大学在籍期間が6年あること、実習の費用が高額であることなどから、かかる学費も高額になる傾向があります。

国立大学は、入学年度にもよりますが卒業までの6年間で350万円程度、私立大学ですと1300万円~1500万円程度のようです。

どちらにせよ、動物の解剖やレポート作成、試験勉強などに追われるため、気力・体力が必要になってきます。

獣医師の資格・試験の難易度

6年間の頑張りがものをいう

獣医師の国家試験は、医師国家試験と同じ6年間の履修課程を修めた人でないと受験することができません。

そして、6年間の間に学ぶ内容は、動物全ての命に関わる内容ですので、幅広くかつ専門的なものになります。

だからこそ、6年間の学習期間が必要であるともいえるでしょう。

近年の獣医師国家試験の合格率は、80%前後で推移しているようです。

在学中にしっかりと学問を修めることができれば、合格可能性は高いでしょう。

ただし、新卒で不合格になってしまうと、以後の合格率は40%台まで落ち込んでしまうため、一回で合格できるように集中して勉強するほうがよいでしょう。

獣医師の給料・年収

一般の年収より高めの水準

獣医師は、動物のいる場所のほとんどに関わることのできる職種であるため、就職先も多岐にわたり、また給与もさまざまです。

就職先として最も多いのは動物病院で、半数程度の人がここに勤務します。

規模や地域によっても変わりますが、初任給は20万円〜25万円程度が一般的です。

獣医師全体の平均年収は600万円程度で、専門性と難易度が高い仕事である分、給与水準は高めとなっています。

地方自治体で働く場合は公務員になるため、各自治体の給与体系に沿った給与が支給されます。

獣医師のやりがい、楽しさ

動物と人間のあいだに絆を作る

獣医師を目指す人は、ほとんどの人が動物好きで、愛護精神に満ちた人たちです。

そういった人たちが最もやりがいを感じられるときは、やはり動物を愛し、同じ命として尊ぶ思いが伝わったときでしょう。

中には食肉の管理をする獣医師もいますが、それも動物の命をいただく以上、最大の敬意を払い、むげに扱われることのないようにするためです。

動物と言葉を交わすことはできずとも、人々と動物の絆を取り持つような仕事ができるのは、獣医師の魅力であるといえます。

獣医師のつらいこと、大変なこと

苦渋の決断、つらい場面に直面する重さ

動物を愛し、守るための獣医師にも、ときには守れない命もあります。

これは命がいつか消えるものである限り、仕方のないことでもあります。

これ以上苦しませないために、飼い主に対し安楽死の提案をしなければいけない場面もあります。

飼い主の悲しみはもちろん、獣医師にとっても重く苦しい決断であることは確かでしょう。

また、無責任な飼い主によって放置・虐待を受けた動物を保護することもあります。

獣医師はそのような場面でも、泣き言を言わず、ひたすらに愛情を注ぎ、動物たちの心が癒えるのを待つほかありません。

獣医師に向いている人・適性

動物に対する愛と覚悟をあわせ持つ人

獣医師にまず必要なのは、動物も人間と同じ命として扱える、動物に敬愛を持つ人であることです。

動物愛護の心を広めていくのも獣医師の大切な役目の一つですから、常に動物の様子を見て、過ごしやすくしてあげられる人が適しているでしょう。

ただし、動物愛護の心があるからこそ、愛を注がれない動物と直面したときには深く傷つくこともあるでしょう。

獣医師として、清濁あわせ飲んで動物のために働き続ける覚悟のある人でないと、務まらないかもしれません。

獣医師志望動機・目指すきっかけ

動物が身近にいた、動物好きなど

立ち位置は微妙に違うものの、動物が身近にいて、動物に関わる仕事をしたいと思った人がとても多いようです。

自分の飼っていた動物が獣医師に助けられた経緯から、自分も同じ道に進みたいと思う人もいます。

実家や祖父母の家で畜産業を営んでおり、獣医師になって畜産業を盛り立てていきたいという思いを持つ人もいます。

また、自分は動物を飼うことはできなくても、動物が好きで、助けになりたいという理由で獣医師を目指す人もいます。

獣医師の雇用形態・働き方

正社員、契約社員、パートなど幅広い

獣医師の雇用形態は、正社員や契約社員、パート勤務など、いろいろな働き方があります。

正社員ですと、休診日以外はシフト制で、早番や遅番があることもあり、休みは不定期になりますが、昇給や賞与が見込めます。

契約社員の場合、業務や待遇は正社員に準ずるところが多いですが、あらかじめ契約年数が決まっているため、気に入った職場でも、勤め続ることのできる保証はありません。

子育て中でも、パート勤務で活躍している獣医師はたくさんいます。

パート勤務の場合は、勤務時間や週当たりの稼働日数などの相談に応じてもらえる職場は多いので、働きやすい環境を作れる可能性もあります。

獣医師の勤務時間・休日・生活

融通は利きやすい。夜勤のある職場も

獣医師の職場では、正社員やパート、契約社員などさまざまな雇用形態で働くことができるので、勤務時間も融通が利きやすい利点があります。

パートですと週に1日から、1日4時間からという職場もあり、育児をしながらでも無理なく働けるところが多いです。

動物病院勤務ですと、入院している動物の見守りのため、夜勤当直がある動物病院が多く、時間外勤務手当がつきます。

家畜の飼育管理や診療、人工授精などの仕事でも、不測の事態に備えて定休日診療を行う職場が多いようです。

獣医師の求人・就職状況・需要

常に一定数の求人がみられる

獣医師になれる人材は少ないため、求人数はつねに一定数ある状態ですが、一つの動物病院で複数人の募集をすることはあまりないようです。

自分の希望に見合った求人情報があった場合は早めに就職活動をしたほうがよいと思われます。

病院によって、眼科に力を入れていたり、心臓血管外科を中心に診療したり、夜間診療がある場所など、いろいろな職場があります。

また、動物病院だけでなく、製薬会社や実験動物管理施設、空港などでの検疫業務などで、獣医師が求められます。

獣医師の転職状況・未経験採用

臨床経験をいかして転職する人も

新人獣医師の半数は、小動物臨床獣医師として動物病院に就職するようです。

しかし、動物病院から製薬会社などに転職し、臨床経験をいかして新しい薬を開発したり、より専門性の高い動物病院に転職する例はあります。

獣医師は高い専門性をもち、大学入試も難関であるため、異業種から新たに獣医師になる人はあまりおりません。

他にもさまざまな分野で獣医師は求められており、子育てが一段落してから中途採用で働く女性獣医師もいます。

獣医師はさまざまな場所で必要とされる人材です。

獣医師の現状と将来性・今後の見通し

ヒト以外の動物と関わる場で活躍

私たちは、獣医師といえば動物病院で働くものと想像しがちですが、他にも伝染病予防のための検疫業務や動物用医療品・食品の研究開発など、さまざまな場面で獣医師のニーズが高まっています。

また、昨今のペットブームの影で不遇な扱いを余儀なくされる動物たちもおり、動物愛護の啓蒙にも力を入れている獣医師も多くいます。

各大学では臨床研修の充実化を図ることで、現場で即活躍できる獣医師の輩出を目指しています。

この仕事に就くのは一筋縄ではいきませんが、高い専門性を備えた意識の高い人材は、今後も各所から求められる存在となるでしょう。