このサイトは獣医師を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「獣医師」

仕事内容
獣医師は、人間以外の動物に対して病気や怪我の診察・治療を行う仕事です。動物病院でペットの診療を行うだけでなく、他にも動物園や水族館にいる大きな動物の治療を行ったり、家畜動物の管理に関わったり、研究機関で動物用医薬品の研究開発分野に携わったりと、その活躍領域は幅広くあります。人間の病院のように診療科目が分かれておらず、また動物の種類はさまざまなため、動物全般に関する豊富な知識が必要です。
なるには
獣医師として働くには、国家資格である獣医師免許の取得が必要です。高校卒業後、獣医師養成課程のある大学(6年制)に進み、必要な課程を修了して国家試験合格を目指します。獣医系大学は国公立合わせても全国でわずか16校しかなく、難易度は医学部に匹敵するとも言われています。国家試験の合格率は80%程度と決して低くはありませんが、在学中にしっかりと勉強することが必要です。免許取得後は動物病院や地方自治体などに就職します。
給料
獣医師の活躍の場はさまざまです。就職先として最も多いのは動物病院で、半数程度の人がここに勤務します。規模や地域によっても変わりますが、初任給は20万円〜25万円程度が一般的です。獣医師全体の平均年収は600万円程度で、専門性と難易度が高い仕事である分、給与水準は高めとなっています。地方自治体で働く場合は公務員になるため、各自治体の給与体系に沿った給与が支給されます。
将来性
私たちは、獣医師といえば動物病院で働くものと想像しがちですが、他にも伝染病予防のための検疫業務やペット向け医療品や食品の研究開発など、さまざまな場面で獣医師のニーズが高まっています。また、各大学では臨床研修の充実化を図ることで、現場で即活躍できる獣医師の輩出を目指しています。この仕事に就くのは一筋縄ではいきませんが、高い専門性を備えた意識の高い人材は、今後も各所から求められる存在となるでしょう。