ペットシッターのやりがい・楽しさ・魅力

ペットシッターのやりがい・楽しさ

動物と心が通いあえる

ペットシッターはペットの世話をする仕事ですが、その中で何よりも大切なのが、不在の飼い主に代わって愛情を注ぐことです。

動物は人間の表情や声色から、感情を敏感に察知する能力があり、攻撃的な人間や無気力な人間よりも、好意的な人間や親切な人間に対してなつきます。

ペットシッターはビジネスとして世話を引き受けていますが、その中でもできる限りの愛情を注ぎ、動物と心を通わせて過ごす方が楽しいのは間違いありません。

短い時間の中でもペットが信頼を寄せてくれたときや、甘えてきてくれたときは、ペットシッターとしてとても嬉しい気持ちになり、幸せを感じられる瞬間です。

困った飼い主を助けられる

ペットシッターに依頼をする飼い主は、自分の力だけでは世話ができない状況に陥っている人がたくさんいます。

たとえば一人暮らしで犬や猫を飼っている会社員が急な出張が入ることもありますし、ゴールデンウィークやお正月に家族旅行をするためにペットの世話を依頼するファミリーもいるでしょう。

最近はペットを飼うお年寄りも増えましたが、病気や怪我で急に入院することになった高齢者もいます。

こうした人たちの中には、信頼できるペットシッターに出会えたおかげで、愛するペットを安心して飼い続けることができるようになった人もいます。

ペットを家族同然に愛している人たちにとって、ペットシッターは頼もしくて信頼できる、とても大切な存在であることに間違いありません。

飼い主に信頼してもらえる

ペットシッターは大切なペットと、依頼者の自宅の鍵を預かるので、責任が重い仕事です。

そのかわり、お客さまが掛けてくれる感謝の言葉は、仕事をがんばる大きな原動力になります。

何度もリピートしてもらえたり、長期の契約をもらえたときはやりがいを感じられます。

ペットシッターの仕事内容

ペットシッターの魅力

たくさんの動物と出会える

ペットシッターをしていると、仕事を通じてたくさんのペットたちと出会うことができるのが魅力のひとつです。

たとえば犬の中にも大型犬から小型犬、海外で人気の犬種などさまざまなタイプのものがいますし、猫の一匹一匹にも色や体型、性格などさまざまな個性があります。

また、うさぎやハムスター、鳥、爬虫類など普段はなかなか触れ合う機会のないような珍しい動物を担当することもあるでしょう。

動物が好きな人にとっては「今度はどんな出会いがあるんだろう」というワクワク感を抱きながら仕事ができます。

仕事で散歩や運動ができる

動物の種類によっては散歩が必要となるため、日によっては1日に何度も散歩をして過ごすことが仕事です。

公園や河原を犬と一緒にのんびりと歩くことになるので、散歩や運動が好きな人にとっても魅力的な職業でしょう。

仕事を続けるほど経験値が豊富になる

仕事を続けるほどいろいろな動物と触れ合え、経験値豊かなペットシッターに成長できます。

初めて会う人に警戒してしまったり、馴染むのが難しいペットでも、表情や行動から考えていることを読み取ることができると良好な関係を築きやすくなり、仕事の自信にもつながります。

スキルを身につければ柔軟な対応をしたり、ペットとの過ごし方を提案したりと、よりペットやお客さまからの信頼を得ることもできるはずです。

自分のペースで伸び伸びと働ける

ペットシッターは、基本的に単独で作業をすることが多い仕事といえます。

もちろんペットにエサをあげたり、散歩をしたり、飼い主と打ち合わせや同僚と仕事のスケジュールを話し合う機会はあるので、完全に一人きりではありません。

しかし一般的なサラリーマンがお客さまや上司、同僚に囲まれて働いているのに比べると、圧倒的に一人の時間が長くなります。

できるだけ一人で過ごす時間が多い仕事につきたいと考えている人や、人間よりも動物と一緒に過ごす方が好きだという人にとっては、伸び伸びと働ける最高の環境でしょう。