動物看護師になるには

動物看護師になるには

動物看護師として働くために必ずしも資格は必要ではなく、現在は国家資格や公的な資格もありません。

そのため、動物看護師の仕事に関連する資格がなくても動物病院等に就職することは可能ですが、「動物看護師」の資格を取得していることで一定の知識や技術があると見なされ、就職に有利になるケースがあります。

これまでは、複数の動物看護団体が個別に動物看護師の民間資格を認定していましたが、2012年からは動物看護師資格の統一認定試験がスタートし、今後は国家資格化する動きも見られます。

これから動物看護師を目指すのであれば、動物看護関連の学校を卒業して、動物看護師の認定試験を受けるのが近道といえるでしょう。

動物看護師の資格・難易度

動物看護師には、動物看護師統一認定機構が主催する「認定動物看護師」という資格があります。

この資格を取得することで、専門的な知識やスキルがあるとみなされ、これまでに認定動物看護師の登録者数は22,723名となっています。(2019年5月現在)

受験資格は、動物看護師統一認定機構が推奨したコアカリキュラムに基づく「動物看護学」を教育する学科あるいはコースを有する専修学校専門課程あるいは大学において、認定動物看護師になるのに必要単位数または必要時間数を修了した人、または動物看護師統一認定機構の受験資格審査により個別に認められた人です。

現状のところ時期のめどは立っていませんが、将来的には国家資格や公的資格となる可能性もあります。

米国などでは動物看護師資格はすでに国家資格となっており、より高度な仕事を任されているため、日本においても今後動物看護師の地位が高まり、ペットに対する医療がより高度なものになると予想されます。

動物看護師になるために資格は必要?

動物看護師になるための学校の種類

動物看護師になるために、動物看護について学べる学校は、専門学校・短期大学・大学があります。

このうち、認定動物看護師試験を受けるための条件としては、「コアカリキュラム採用校」の学校を選ぶことが必要になります。

なお、動物看護師統一認定機構のコアカリキュラムを採用している大学や専修学校以外にも、動物看護について学べる専門学校やスクール、通信教育はいくつもあるため、自分のライフスタイルや予算にあった学校を選ぶとよいでしょう。

動物看護師になるための学校や必要な学歴は?(大学・専門学校)

動物看護師に向いている人

動物看護師は、日々さまざまな動物と接することになるため、動物が好きでなければ務まらない仕事です。

そのうえで、弱っていたり、苦しんでいたりする動物に対して優しく触れ合うことができる人が向いているといえます。

また、病院での勤務となるので、動物を看取らなければいけないことも多々あります。

言葉が話せない動物を相手にするには苦労も多く、かなりの粘り強さが求められます。

体力的にも大型の動物を押さえたり、長時間勤務をこなしたりするため、ハードな仕事となりますが、いかなる状況でも冷静に対応する必要があります。

また、動物の親代わりとなる飼い主としっかりとコミュニケーションをとれるかどうかということも、この仕事に就くうえでは非常に大切なポイントです。

動物看護師に向いている人・適性・必要なスキル

動物看護師のキャリアプラン・キャリアパス

動物看護師という職業は比較的新しい職業のため、今後どのようなキャリアプラン・キャリアパスを築いていくかは注目が集まっています。

ペットを飼う人が増えた結果、動物病院の業務も増え、かつては獣医師のみであった動物病院も、動物看護師がいなければ仕事が回らなくなってきました。

動物看護師には、診療や手術のサポートから薬剤管理・病院の管理面・事務など、専門知識を生かしつつ幅広い役割を担うことが期待されています。

今後は動物看護師に求められる知識や技術も専門的なものになっていくとともに、仕事の社会的地位はさらに高まるものと予想されます。

動物看護師を目指せる年齢は?

動物看護師には特別な年齢制限はないため、熱意さえあればいつからでも目指すことができます。

ただし、治療のためにペットを押さえたり、ときには大きな動物と向き合ったりするハードな仕事のため、体力が十分でなければ勤め続けるのは難しいでしょう。