農家になるには

農家になるまでの道のり

学歴や資格は必要なし

農家になるためには、特別な学歴や資格は必要ありません。

農地があり、農作物を作る技術力さえあれば、誰でもすぐに農家として働き始めることができます。

もともと育った家が農家で家族の手伝いを通して農業のノウハウを学んだという人は、学校には行かずに働きはじめることも可能です。

開業するか?雇われるか?

農家になりたい場合には、大きく分けると、個人事業主として開業しながら働く道と農業法人に就職して働く道の2つの選択肢があります。

個人事業主の場合、栽培計画から販売手法まで全てを自分の裁量で決められるというところが醍醐味ですが、農地の管理や資金繰りなどのさまざまな責任が伴います。

一方で、農業法人に就職する場合、サラリーマンと同じように給料をもらいながら働くことになるので、自分の思うようにはできませんが、安定した収入を得ながら技術力を身につけることができます。

もともと家が農家でなくて新規参入で農家をめざしている人の場合は、最初の数年間は農業法人で技術や経営を学ぶのが一般的です。

新規就農の場合は農地の確保等で最初の資金が必要になるので、その資金を貯めるために数年間働くという人も多いようです。

農家の資格・難易度

農家になるために特別な資格は必要ありません。

ただし、農家として働く上で必要な資格はいくつかあります。

運搬や移動のために「普通自動車運転免許」は不可欠です。

経営規模によっては「大型特殊自動車運転免許(農耕車限定)」や「けん引免許(農耕車限定)」が必要な場合もあります。

ボイラーのあるハウス栽培を行う場合は「危険物取扱者(乙種第4類)」、農薬をつかう場合は「毒物劇物取扱責任者(農業用品目または一般)という国家資格が必要です。

農家に必要な資格はある?

農家になるための学校の種類

農業をする上で学歴は問われませんが、土づくりのコツから販売戦略の立て方までさまざまな知識が必要です。

そのため農業をしたい人の多くが、農業高校や農業大学校、民間の専門学校の農業コース、大学の農学科などに進学して農業のノウハウを学んでいます。

農学系の学校を卒業したあとは、農家を目指すだけでなく農業、食品、環境、化学などの関連分野で就職を目指す方もたくさんいます。

農家になるための学校と学費(大学・専門学校・高校)

農家に向いている人

農家は自然の中で仕事ができ、暑さや寒さはもちろんのこと、雨の量や雲の流れ、花や虫の変化など、農業を通して毎日自然の移り変わりを感じることができます。

もともとアウトドアが好きだったり、動植物を相手に仕事がしたかったり、自然のなかで仕事がしたいというあこがれがある人にとっては、農家は向いているといえるでしょう。

農家に向いている人・適性・必要なスキル

農家を目指せる年齢は?

農家は何歳からでも始めることができます。

平成 30 年の新規就農者5万5,810人のうち、49歳以下は1万9,290人と、50歳以上から農業を始める人が多いことがわかります。

参考:農林水産省 新規就農者調査

農家は高卒から目指せる?

農家は高卒からでも十分目指すことができます。

農業高校を卒業してそのまま農家になるという人もいますし、一般的な高校を卒業後実家の農家で働き始めるという人も少なくありません。

農家は女性でもなれる?

農家では女性も多く活躍しています。

平成30年の農業従事者175万3000人のうち、80万人以上が女性と、男女の割合は特別に偏っているわけではありません。

かつてはいわゆる「農家の嫁」として扱われることも多くありましたが、近年は「農業女子」として注目を集めており、農林水産省でも農業に従事する女性を応援する取り組みを始めています。

参考:農林水産省 女性の活躍を応援します
女性の農家のキャリアパス・結婚後の生活