農家のつらいこと・大変なこと・苦労

農業におけるかつての「キツい・汚い・危険」といったイメージは払しょくさつつありますが、どんな仕事でもつらいことや苦労は伴います。

この記事では、農業をするうえでのつらいこと、大変なこと、苦労などについて解説していきます。

農家のつらいこと・大変なこと

自然相手の仕事

農家の大変なところは、自然を相手にする仕事なので、人間の力ではコントロールできない部分が大きいということです。

夏は暑さ、冬は寒さとの戦いです。

夏の暑いなか、直射日光に照らされながら畑の手入れをすることもあれば、ビニールハウスのなかで汗だくになりながら苗を植えつけることもあります。

また冬の寒いなか、朝早くから起きだして収穫をすることもあります。

常に空調施設の整った屋内で仕事ができる一般的なサラリーマンとは、働く環境が根本から違うのです。

体力が必要

農業は自然のなかでの作業となるため、機械化が進んでいるとはいえどうしても体力勝負になります。

立ちっぱなしの仕事や中腰での仕事も多いため、慣れないうちは大きな疲労を感じたり身体を壊したりしてしまうことも少なくありません。

農家を目指すのであれば、ある程度タフであることが求められます。

農家の悩み

自然災害の猛威

農家にとって最もダメージが大きいのは、自然災害です。

ひとたび激しい台風や大雨、地震などが起これば、大事に育ててきた農作物も大きな被害を受けてしまいます。

早い段階で予見することもできなければ、どれだけ気をつけていても自然の猛威が激しければ作物を守りきれないことがあり、人間の力ではまったくコントロールできないのが現状です。

農家にとって、丹念に育ててきた畑や田んぼを一瞬にして壊されてしまうのはとても悔しいことですし、その年の農作物が売り物にならなければ、収入にも大きなダメージを受けてしまいます。

自然の猛威にどれだけ無力感を感じても「来年こそは!」という強い気持ちで立ち向かうことが、自然とともに生きる農家にとってはとても大切なことなのです。

農家を辞める理由で多いものは?

収入が不安定

農業は自然相手の仕事のため、その年の天候や気温などがダイレクトに収入に響いてしまいます。

予定していた収穫量が得られず不作に終われば、安定した収入は得られませんし、逆に作物が獲れ過ぎても、供給過多で値崩れを起こしてしまうこともあります。

こうした不安定な生活を受け入れられなければ、農家を続けることは難しいでしょう。

高齢化・後継者不足

農業として生活を成り立たせるためには、それなりの農地が必要で、広い農地を管理して作物を栽培するには多くの人手が必要です。

農地を広くすればするほど売り上げも大きくなりますが、働き手を雇ったとしても給料を支払えるほどの収入がないという人も非常に多く、自分や家族のみで管理できる範囲で細々と続けている人も非常に多いのが現状です。

そのため高齢になったり身体を壊したりしたことを理由に農業を辞める人が多く、後を継ぐ人がいないために畑を売って離農する人は後を絶ちません。

こうした高齢化に伴う就農者の減少傾向は社会問題化しており、新規就農者を育成することが急務となっています。

農家をするうえでの苦労のまとめ

農家は自然相手の仕事なので、台風や地震など、人間の力では防ぎようのないことが起こる場合があります。自然災害が起こればそれまで大切に育てていた畑や田んぼは一瞬でだめになってしまいます。それでも強い気持ちを持って続けることができるかどうかが農家を続けるうえでの大きなポイントとなるといえるでしょう。

また、暑さや寒さの中でほぼ一日中立ちっぱなしや中腰の姿勢で作業をするので、体力も必要になってきます。

前述したように、自然災害などで農作物が不作になってしまった場合、収入面でも大きくダメージを受けます。

一般的なサラリーマンのように、快適なオフィスで毎月安定した収入を得ることができないというところが、農家をするうえでのつらさや苦労といえます。