水族館の飼育員・トレーナーになるには? 必要な資格はある?

水族館の飼育員・トレーナーになるまでの道のり

水族館の飼育員になるまでの道のりは、高校卒業後に採用試験を受ける人もいますが、一般的には専門学校や大学に進学し、専門知識を学んでから就職を目指す人が多数います。

その理由は求人数がきわめて少なく、ほとんどが欠員募集で、水生生物の飼育に関する知識や経験のない未経験者は、ほぼ採用されることがないからです。

現在、水族館飼育員として勤めている人のほとんどは獣医師免許を持っていたり、畜産、水産大学あるいは専門学校で、海洋や動物などについて学んでいます。

そのため早くから水族館で飼育員として働きたいという希望があれば、こういった大学や専門学校への進学を検討した方がよいでしょう。

卒業後に民間の水族館の採用試験や、国・地方自治体が運営する公営の水族館を受けます。

公営の場合は地方公務員試験を受けて、採用されることが必要です。

実務経験が評価される仕事なので、未経験から目指す場合はアルバイトとして経験を積み、正社員を目指す人もいます。

実際に仕事ぶりが認められ正社員として登用される人もいるので、まずは現場に入ることも水族館の飼育員になれる可能性を高めてくれるでしょう。

一方トレーナーになるには、大学に通わず、専門学校でトレーナーとして基礎的な技術を学んで採用されるケースが目立っています。

飼育員と比べると、学術的な知識を問われることはあまり多くありません。

水族館の飼育員・トレーナーの資格・難易度

水族館の飼育員やトレーナーになるのに、絶対に必要な資格はありません。

しかし取得しておくと有利になるといわれているのが、以下の4つの資格のいずれかです。

・獣医師
潜水士
・スキューバダイビングの「Cカード」
学芸員

水族館によっては、新卒採用時、キャリア採用時、就職後に必須となる場合があるので希望の水族館がある場合は調べておくとよいでしょう。

「獣医師」になるには獣医学部にある大学に通い、6年間勉強した上で、国家資格に合格する必要があります。

そもそも獣医学部がある大学は国公立・私立合わせても16大学しかないため、難易度は高いといえるでしょう。

参考:農林水産省 獣医師免許について

「潜水士」は厚生労働省が認定する国家資格で、18歳以上の人が受けることができます。

難易度は合格率80%ほどと高く、試験は筆記試験のみとなるので、しっかりと勉強していれば合格できる可能性が高いでしょう。

参考:安全衛生技術試験協会 潜水士資格について

スキューバダイビングの「Cカード」は、民間団体が発行しているので資格ではなく、認定証と呼ばれます。

安全にダイビングができる知識や技術があることの証明なので、実際に水族館の飼育員に採用された場合でも水中での作業が可能だということをアピールできるでしょう。

学科の難易度はそこまで高くないといわれますが、プールに比べて海は心理的にハードルが上がってしまうため、講習に出たときに人によってはパニックになり取得できない場合もあるようです。

取得を目指す前に、一度スキューバダイビングを体験してみることをおすすめします。

参考:Cカード協議会

「学芸員」は資料の収集、保管、展示などを担当する専門職員をするための資格です。

博物館や美術館で活躍するイメージがありますが、実は水族館でも採用があります。

大学で博物館などの科目の単位を履修し、認定試験も半数以上が合格しているため難易度が高いわけではありません。

ただし水族館に学芸員として採用された場合は、飼育員ではなく学芸員の仕事になることに注意が必要です。

また採用は激戦で、特に水族館の求人はきわめて少なく、欠員補充のための採用が一般的となります。

文化庁 学芸員資格について

水族館の飼育員・トレーナーになるための学校の種類

水族館の飼育員・トレーナーになるための学校は、大きく分けて「大学・短大」と「専門学校」の2種類です。

「大学・短大」では4年生または2年生の学校で、動物の飼育に関する知識や野生動物と自然環境との関係性について、アカデミックに学ぶことができます。

学費は初年度で80万円〜180万円ほどと学校によって大きな差があり、学べる学部や学科は生物学部、海洋学部、生命工学部水産学科、海洋生命化科などです。

「獣医師免許」を取得する場合は、獣医学部に進学して国家資格を取得しなくてはいけません。

また「専門学校」では、基本的に2年制で就職を前提としたカリキュラムが組まれており、学費は初年度80万円〜160万円ほどとなります。

学科は生命科学科、海洋生物学科、水族館プロデュース専攻、水族館・アクアリスト専攻など学校によって特色があり、中には海外研修がある学校もあるようです。

トレーナーの専門学校ではドルフィントレーナーなど、さらに的を絞った勉強をできる学校もあります。

水族館の飼育員・トレーナーになるために学歴は求められませんが、未経験採用はほとんどないため、必要な知識を深め、資格取得をするなど前向きな努力をする必要があるでしょう。

インターシップ制度を利用して、実習生となる人もいます。

水族館の飼育員・トレーナーに向いている人

水族館の飼育員やトレーナーに向いている人は、まず肉体的なタフさが要求されます。

どちらの仕事もメインは給餌と館内の水槽内の清掃で、水に触れる作業が多いので、冬になると極寒の環境で非常にきつい仕事です。

しかし魚や動物たちが快適な環境で生活できるよう、生物に対する愛情を持って接することが求められます。

また来園してくれるお客さまに対して笑顔で接することができ、海洋生物の特徴や素晴らしさを伝えるコミュニケーション能力も大切です。

不規則な勤務時間になることも多いですが、生物についての知識を掘り下げる努力を欠かさず、情熱を持って仕事ができる人が向いているでしょう。

水族館の飼育員・トレーナーのキャリアプラン・キャリアパス

水族館の飼育員・トレーナーとして採用され、一人前になるまでは先輩に教えてもらいながら日々の業務を行います。

飼育員は餌やり、水槽の掃除をしながら生物たちの健康チェックを行い、知識を深めていきますが、経験を重ねても勉強する努力はいくつになってもし続けなければいけません。

現在飼育員の仕事は多様化していて、それぞれの才能や得意分野を生かした仕事を深めていくことができるでしょう。

たとえば来館者が楽しんでもらえるようなイベントを企画・運営、展示方法の工夫、野生動物の保護活動、稀少性の高い海獣や魚を展示や日々のデータを研究などがあります。

さらに特に繁殖活動は稀少な生物を増やし、環境保全活動や世界に貢献することができるので、注目されている仕事の一つです。

人によっては子ども達や飼育員を目指す学生に向け、講演会や教育活動を行う人もいます。

このように水族館の飼育員のキャリアプランは、生物に対する深い知識や経験を生かしながら、得意分野を活かして多様に描くことができるでしょう。

一方トレーナーは、トレーナーという職種限定の採用ではなく、水族館の飼育員やスタッフとして採用される場合もあります。

実際に採用されても、希望する生物のトレーナーになれるとは限らない現実もあるようです。

トレーナーとしての仕事がスタートしたら、エサやりや健康管理、掃除などの世話はもちろん、動物たちと信頼関係を作ることが何より大切になります。

ショーを行うイルカなどの頭の良い動物は、新人トレーナーのいうことを聞かないことも多いのです。

さまざまな芸ができるようになれば、お客さまの前でショーに出演したり、さらに魅力を伝えられるための演出も手がけます。

また海獣のことを知り尽くした専門家として、繁殖などに携わったり、昇進して管理業務に従事することも可能です。

水族館の飼育員・トレーナーを目指せる年齢は?

水族館の飼育員・トレーナーの目指せる年齢は、何歳でも目指すことができるものの、応募条件や体力面を考慮するなら30歳前後を目安にするとよいでしょう。

民間・公立問わず水族館では欠員が出るたびに不定期で採用募集を行っていますが、採用募集の応募条件は年齢制限や学歴、資格が問われる場合があります。

このとき年齢制限が記載されていると、受験資格すらなくなってしまうので注意が必要です。

公営の水族館で働く場合は、公務員採用試験を受けなければいけませんが、自治体ごとに年齢上限が定められています。

都道府県・エリア別に異なりますが、25歳〜35歳に定められている場合が多いので、若ければ若いほどチャレンジするチャンスは多いといえるでしょう。

水族館の飼育員・トレーナーはハッキリと年齢制限がある仕事ではありませんが、体力勝負なので年を重ねるほどきつく感じるかもしれません。

逆に体力に自信がある人はアピールポイントとして捉えながら、年齢上限に気をつけて目指しましょう。

水族館の飼育員・トレーナーは高卒から目指せる?

水族館の飼育員・トレーナーは、高卒から目指すことが可能です。

ただし飼育員やトレーナーの募集人員は不定期で、採用人数は「若干名程度」と少ないにも関わらず、海洋生物へ深い知識がある人や経験者、難関の獣医師免許を取得した人まで殺到します。

未経験の高卒者では、書類選考や面接で不利になる可能性も考えられるので注意が必要です。

そのため「大学や専門学校で学ぶことは難しいけれど、どうしても水族館で働きたい」という人は、アルバイトや臨時職員としてまず現場に入ることから考えてみるとよいでしょう。

未経験者の就職の可能性を広げるための現場の実務経験がつくだけでなく、実際の飼育の現場に携わりながらその仕事ぶりが認められれば、正社員として登用されることもあるかもしれません。

もちろんそのためには積極的に人脈を作ったり、真剣に日々の仕事をこなしたり、新しい知識を得ようとする姿勢が不可欠です。

水族館の飼育員・トレーナーは女性でもなれる?

水族館の飼育員・トレーナーは、女性でもなることができます。

水族館の飼育員でいえば、ひと昔前までは結婚や出産を機に退職するケースが多く、定年まで働くことが難しかったようです。

しかし近年では多くの民間や公営の水族館で育児休暇制度を利用し、子育てしながら働くことができるようになりました。

飼育員・トレーナーの仕事とも、重い餌を運んだり、寒い冬でも潜水して清掃作業をしたり、何百キロもある海獣たちと訓練するなど体力的にはきつい面もありますが、「好き」な気持ちが勝る人の方が多いようです。

日々生物たちの健康管理や観察、繁殖、赤ちゃんの育成する場面では、女性ならではの細やかな気遣いが強みとして生かされることもあり、今後も女性の活躍が期待されています。