女性のガーデンデザイナーのキャリアパス・結婚後の生活

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

女性のガーデンデザイナーの現状

力仕事が多く、外での作業が中心となり体力が求められる庭師に比べ、デザインが中心となるガーデンデザイナーは、女性も多く働いています。

近年では一般家庭にガーデニングが普及し、とくに女性の間で流行していることもあり女性の進出が目立ってきています。

ガーデンデザイナーとして活躍する女性は、今後さらに増えていくことでしょう。

女性のガーデンデザイナーの強み・弱み

一般家庭やフラワーフェスティバルといったイベントでは女性をターゲットにしていることも多いため、同性ならではの感性を生かせる場面も多々あります。

ただし、実際に就職するとなると、造園業者等ではどうしても体力面で男性に及ばないと不利になってしまう場面があることも事実です。

もともと造園業は男性が多い業界のため、女性が同様にキャリアを積んでいくためには努力を重ね、強い覚悟と情熱がなければ成し遂げられないでしょう。

ガーデンデザイナーの結婚後の働き方・雇用形態

ガーデンデザイナーの仕事は、日が出ている日中に行われることが多く、繁忙期でなければ残業も少ないため、家庭と両立しやすい仕事と言えます。

案件の内容次第では夜間に働くこともありますが、家庭生活と両立できないということはありません。

また、結婚したことを機に夫婦で独立するなどして、家庭両立できるように仕事量を調整するなどさまざまな工夫をしている人もいるようです。

ガーデンデザイナーは子育てしながら働ける?

ガーデンデザイナーは子育てをしながらも続けられる仕事で、実際に子どもを持ちながら仕事をしている女性も非常に多くいます。

育児をしながら仕事をするためには家族や周囲の協力が必要ですが、仕事量を調整したり、スケジュールを工夫したりしながら両立することは決して難しくありません。

庭づくりやガーデニングは子どもと一緒にできる部分もあるため、親子向けのガーデニング教室を開いたり、親子で楽しめる庭づくりを提案したりするなど、子育てをすることが新しい仕事のチャンスにつながることもあります。

ガーデンデザイナーは女性が一生働ける仕事?

ガーデンデザイナーが所属する造園会社は、スタッフ数の少ない中小企業が多く、産休制度や育休制度の整っていないことも少なくありません。

一方、ハウスメーカーやホームセンター等の大手企業では、福利厚生が充実しており、育児に協力的である職場が目立ちます。

育児をしている間は、パートや時短勤務にするといった働きやすい環境が整っているところもあります。

一生ガーデンデザイナーのキャリアを積んでいけるかは職場にもかかっており、将来的に育児と仕事の両立を考えているなら、大手企業や女性の多い企業を選んだ方がよいでしょう。

また結婚や出産を機に独立開業し、自分に合わせた働き方をしている人も多くいるため、長く働きたいという人は、若いうちに経験を積み独立するという道も考えられるでしょう。