動物看護師の仕事内容

動物看護師の仕事とは

動物看護師は、動物の診察や手術などを行う獣医師を支援する仕事で、「ベテリナリー・テクニシャン(VT)」や、「アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)」などと呼ばれることもあります。

動物の体や病気、薬、ケアなどに関する深い知識が求められる専門性の高い仕事です。

人間に対して病院などで医療行為を施す看護師とは異なり、動物看護師に国家資格や公的な資格はなく、現在「動物看護師」を国家資格とするための動きが活発化しています。

動物看護師の業務の内容

診察に関わること

・動物の保定(診察時、動物が動かないように押さえておくこと)
・器具の準備、消毒、片付け
・入院動物のケアや健康管理
・体温や脈拍の測定、血液検査や尿検査などの検査
・病状や治療内容、検査結果について飼い主へ説明
・手術の際に獣医師の助手を務める
・カルテの管理

薬剤に関すること

・病院内に保管している薬の管理や製薬会社への注文
・獣医師が処方、調合した薬を確認し、飼い主に説明して渡す

病院事務に関すること

・受付窓口での対応
・会計業務
・電話やメールでの問い合わせ対応

その他

・病院内の清掃、消毒
・診察に使用するタオルや手術用の滅菌布などの洗濯、管理
・患者や飼い主がリラックスできるための環境づくり

動物看護師の役割

獣医師のサポートを行い、動物を助ける

動物看護師は、主に動物病院で獣医師をサポートする役割を担います。

人間が通う病院に医師や看護師・各種技師などがいるのと同じように、動物病院でも獣医師をはじめ、たくさんの専門スタッフが協力しながら病気や怪我の動物たちを救っています。

動物看護師は、診療の際に動物が暴れないよう押さえたり、治療や手術に使用する器具の準備・片付けをしたりします。

また、臨床検査や調剤、また病院によっては入院動物の世話や散歩からトリミングなどまで、幅広く獣医師を手助けしていきます。

現在のところ、動物看護師には国家資格や公的な資格が存在しないため、いわゆる病院の受付事務のような業務まで担うことが多いのが実情ですが、動物看護に関する知識とスキルが求められ、専門性の高い仕事であることは確かです。

さまざまな仕事をこなせる動物看護師への期待は高まっており、スキルを持った人材がますます求められるようになっています。

飼い主と獣医師をつなぐ役割

動物看護師は患者となる動物だけでなく、その飼い主ともしっかりと向き合う必要があります。

動物は言葉を話せないため、動物の病状を説明したり、入院後の経過を報告したりするなど、飼い主との丁寧なコミュニケーションが欠かせないのです。

また、獣医師は毎日たくさんの動物を診るため、一人ひとりの飼い主とゆっくり会話をする余裕はありません。

そこで、動物看護師は獣医師の指導の下、飼い主が不安にならないように説明をし、安心して来院してもらえる雰囲気づくりに努めます。

そして、獣医師が診察しやすい環境を整えることで、獣医師も診察や治療に専念できるようになります。

求められる役割が多岐に渡るだけに大変な仕事ですが、動物看護師は、まさに獣医師と動物、飼い主をつなぐ架け橋のような存在といえるでしょう。

動物看護師の勤務先の種類

動物看護師の主な活躍の場は、動物病院です。

動物病院は一人の獣医師が開業した個人医院もあれば、複数名の獣医師が働く大きな病院、また24時間体制で救急対応も行う病院、さらには眼科や歯科のように特定の部位を専門とする病院や、動物の種類による専門病院などもあります。

なかには家畜など大きな動物の診療を行うところもあり、その仕事は勤務先によってさまざまです。

動物病院に比べて数は多くありませんが、動物看護師としてのスキルを発揮し、ペットショップ・動物保護施設・動物園などのテーマパーク・ドッグカフェなどで働く人もいます。

動物看護師の勤務先と仕事内容の違い

動物看護師の仕事の流れ

動物看護師は、出勤するとまず白衣に着替え掃除をし、開院の準備をします。

もし入院している動物がいれば、症状に変化はないかを細かくチェックします。

開院すると、受付やカルテの記入・診察後の会計・問い合わせ対応など事務作業のほか、獣医師の診察・手術の補助など病院内のあらゆる仕事をこなします。

すべての診察が終わると、院内を清掃し、帰宅します。

動物看護師と関連した職業

動物看護師と似た職業に「ペット看護師」があります。

どちらも仕事内容が法律などで明確に定義されているわけではありませんが、両者の役目は動物病院などにおいて獣医師のサポートをすることに変わりはなく、主な違いは名称の違いのみとなっています。

動物看護師とペット看護師の違い