見習いのトリマー

未経験だとかなり厳しい

トリミングサロンなどでトリマー見習いとして勤務することを希望する場合、まったくの未経験者は門前払いになる可能性が極めて高いといえます。

専門学校を卒業した人でも一人前として認められるまでに数年を要する職人色の強い業界です。

トリマーとしてのスタートラインに立つにはまず専門学校で学ぶことが一番の近道であるといえるでしょう。

無給は覚悟で

専門学校に進まずにトリマーの見習いを志願するのであれば、給与を得ることは目的としない覚悟が必要です。

職業に対する熱意が先方に伝わった場合、まれに弟子入りのような形で受け入れてもらえることもないわけではありません。

掃除等の雑用を主に行い、営業時間外で技術指導を受けるようなイメージです。

当然、他のアルバイトなどで生計を立てることになるため、茨の道といっても過言ではないでしょう。

ブリーダーに掛け合う

動物を繁殖させ、ペットとして販売するブリーダーは数いる犬をトリミングする必要があり、トリマーを外注しているとコストがかかってしまうため、専属で雇っていることが少なくありません。

ブリーダーのもとで行うトリミングは極めて基本的であり、最低限の施術になります。

とにかく数をこなすことが優先事項なので、経験の浅い、場合によっては未経験のトリマーでも受け入れている場合があります。

見習い志願者に関しては、このような求人に出会えれば幸運です。

多角的経営をしているサロンに応募する

トリミングサロンの中には動物病院やペットホテル、ペットショップなど他業種の経営を兼ねているところもあります。

こういった形態の会社に就職し、まずはサロン以外の部署で勤務するというのも一つの手段です。

ペットショップやペットホテルで経験を積み、ペットに関する知識や接客技術を修得するのもトリマーとしての一歩を踏み出しているととらえることができます。

そして会社からの信頼を深め、自身のスキルを高めた上でトリマー見習いを志願すればチャンスはぐっと広がります。

場合によっては他部署での勤務終了後に指導を受けたり、休日返上で出勤したりとハードなスケジュールになることもあるかもしれません。

そこを乗り越えられるだけの熱意を持つことが必要です。