トリマーが独立・開業するには?

フリーランスのトリマーの働き方・仕事内容

フリーランスのトリマーの働き方は、さまざまなスタイルが考えられます。

・店舗を買う
・店舗を賃貸する
・自宅を改装してトリミングルームを作る
・ペットショップや動物病院に併設する
・車でお客さまの家へ出張してトリミングサービスをする

などがあり、自分にあったスタイルや初期投資にあてられる予算に合わせて選ぶことが可能です。

たとえば訪問サービスの場合は、車1台あればトリミングができるので、土地や建物を購入して店舗を開くよりもずっと初期投資を少なく抑えることができます。

軌道にのり資金が貯まってから、独立サロンを建てるプランもよいかもしれません。

仕事内容はトリミングに関するサービスのほかにも、集客のための広告・宣伝、顧客管理、市場調査や立地条件のリサーチなど経営者としての業務も含まれます。

特に成功するためには立地条件が命とも言えるので、そのエリアにどのくらいペットを飼っている人がいるか、競合店は何軒あるのかなど事前にリサーチしてから出店する場所を決めることが大切です。

またトリマーとしての知識や経験を活かして、本を執筆したり、飼い主へのお悩み相談やペット講座を開くなど、さまざまな仕事の広がりも考えられるでしょう。

フリーランスのトリマーになるまでのキャリアパス

フリーランスのトリマーになるまでのキャリアパスは、人によってさまざまです。

サロンやペットショップでトリマーとして見習いから技術を身につけ、十分に準備が整ってから開業するのが王道ですが、専門学校卒業後すぐに開業する人もいます。

独立を目指すのであれば、ペットビジネスを学ぶのがおすすめです。

動物関連の専門学校、通信講座の中にはペットビジネスを学べる学科が設置されているところがあり、中には実際に開業のサポートをしてくれる場合もあります。

トリミングだけ行う場合は民間資格を持っていなくても店を開くことはできますが、進学した場合は各種資格の取得を目指しましょう。

トリマー以外の資格を持っていると、ペットショップや動物病院を兼ねたトリミングサロンを目指せるなど、より集客を見込める経営の選択肢が広がります。

また動物の繁殖、飼育、展示、売買などを行う場合、地方自治体に「動物取扱業」の登録が必要です。

登録の際には動物取扱責任者が必須で、半年以上の実務経験、動物関連の教育機関卒業資格、動物愛護相談センターが指定する資格のいずれかが必要になりますので、こちらも準備しておきましょう。

この登録がないとトリミングサロンを開業することはできないので、開業に必要な手続きも確認しておく必要があります。

参考:環境省 第一種動物取扱業者について

フリーランスのトリマーのメリット・デメリット

フリーランスのトリマーのメリットは、自分らしい店が作れることでしょう。

雇われの身だと基本的にはお店の方針に従って働かなければいけないため、「自分が理想とするサービスを提供したい」という願いはなかなか叶えられません。

しかしフリーランスであれば自分の腕を試すことができ、理想のサービスをお客さまに提供することが可能です。

残念ながら正社員でも給料があまり上がらないのがトリマーの実情ですが、フリーランスとして成功すれば年収アップも夢ではありません。

自分の好きな時間帯で働き、収入アップが目指せ、自由なサービスや店づくりができるのがメリットといえます。

逆にデメリットは、トリマーとして独立して成功するのはかなり厳しい世界だということです。

一般的に収入は安定せず、繁忙期とそれ以外の収入の差があることも珍しくありません。

中にはアルバイトをしながら何とか経営を続けていたり、せっかく開業しても2年以内に店をしめてしまう人も多いようです。

さらにフリーランスとして成功するには、高いトリミング技術だけでなく、経営の知識が必要です。

独立開業までの準備をいかに綿密に行うかが成功のカギとなるため、綿密な市場調査を行い、経営について一から勉強する必要があるでしょう。

独立開業を目指す人は十分な期間をかけて準備を進めていくことが大切です。

フリーランスのトリマー給料・年収

一般的にフリーランスのトリマーの給料は、なかなか安定しません。

季節の変わり目や年末など繁忙期には月に20万円を超える収入があっても、それ以外は10万円前後とかなり差があることが多いようです。

ほかの仕事をかけもちしながら何とか経営を続けている人もいるので、軌道にのるまでは厳しいと感じることもあるかもしれません。

しかし独立開業して成功した場合、ペットショップ経営で年収450~1,500万円と正社員時代をはるかに超える収入を得る人もいます。

フリーランスはトリミングサロンという形にこだわらず、ペットショップ併設、出張サービスなど自由なアイディアで経営することができるのが魅力です。

ペットの家族化が進み、愛犬にお金を投資するお客さまも増えていることから、ターゲットに合わせたサービスを提供し人気に火がつけば、今まで以上の収入を目指すこともできます。