フラワーコーディネーターへの転職・未経験採用はある?

フラワーコーディネーターへの転職状況は?

近年、フラワーコーディネーターへ転職する人が増えてきています。

通信教育やスクールで人気を集めている「フラワーアレンジメント」の講座をきっかけに、好きなことを仕事にしようと影響を受けた人が多数いて、他業界から未経験で転職する人も珍しくありません。

フラワー業界は常に人手が足りず、全国に店舗展開しているような企業を中心に未経験でも求人募集が行われる需要があることから、転職しやすい業界ともいえるでしょう。

ただし個人経営の小規模な花屋や園芸ショップが多いので、店舗によっては契約社員やパート・アルバイトの人が多く、正社員として採用してもらうのが難しい一面もあります。

まずはアルバイトからスタートし、経験を積みながら正社員登用を目指す人もいるため、長い目で見てチャンスを待つ姿勢も必要でしょう。

この場合、正社員登用までは収入が低いことが予想されるので、転職前にしっかり貯蓄をしておくことをおすすめします。

フラワーコーディネーターへの転職の志望動機で多いものは?

フラワーコーディネーターへの転職では、「大好きな花の仕事をしたい」という志望動機が多いです。
花に触れることで心が癒されたり、「自分のセンスが発揮できるのが楽しい!」と感じた経験などを交えて志望動機を伝えています。

フラワーコーディネーターへの志望動機は、「花が好き」をさらに深掘りした志望動機を作ることがおすすめです。

ブーケや装花を見て感動した経験や、実際にフラワーコーディネーターと話したときに思わず憧れたエピソードなどを交えることで、オリジナリティあふれる志望動機になります。

これまでフラワーコーディネーターや、花屋で働いた経験がある人は、「転職してなぜこの企業・店舗に入りたいのか」などを具体的に織り交ぜるとよいでしょう。

「どんなフラワーコーディネーターになりたいのか」という目標を盛り込むのも、効果的です。

フラワーコーディネーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からフラワーコーディネーターになるには

フラワーコーディネーターになるのに、絶対に必要な資格はないため、未経験や社会人から目指すことが可能です。

求人募集を見てみても、比較的規模の大きな会社では未経験の中途採用も多数行われています。

未経験者歓迎の場合は、学歴、年齢、経験、性別を問わずに募集されていることが多く、企業によってはフラワーコーディネーターを育てる社内研修が充実しているようです。

もちろん応募資格に「フラワーコーディネートの業務経験2年以上」など、経験者が求められる場合や、フラワー業界以外でも「接客経験」があればOKな企業もあります。

このようにフラワーコーディネーターの募集では、未経験・社会人からの採用も積極的に行われていますので、希望の仕事があるかどうか探してみるのがおすすめです。

フラワーコーディネーターへの転職に必要な資格・有利な資格

フラワーコーディネーターへの転職に必要な資格はありませんが、有利になる資格をいくつかご紹介しましょう。

公益社団法人の「日本フラワーデザイナー協会」主催の「フラワーデザイナー」資格は、協会認定の公認スクールで学んでから学科試験と実技試験を受ける資格で、業界で広く認知されています。

学習期間はスクールにもよりますが6ヶ月ほどが目安で、費用は学科と実技を含めて3級が17,000円(税別)、2級が22,000円(税別)、1級が27,000円(税別)です。

公益社団法人日本フラワーデザイナー協会 フラワーデザイナー資格検定試験

また国家資格の「フラワー装飾技能士」は、職業訓練校などで学習すると資格取得ができます。

必要な期間は3級で半年以上勉強することが目安とされていて、費用は都道府県によって異なる場合もありますが、学科試験が3,100円、実技試験が17,900円です。

参考:都道府県職業能力開発協会 技能検定3級フラワー装飾

フラワーコーディネーターへの転職に役立つ職務経験は?

フラワーコーディネーターへの転職に役立つ職務経験は、接客経験です。

フラワーコーディネーターの仕事はお客さまありきの仕事になるため、お客さまが思わず笑顔になってしまうような、気持ちの良い接客ができる人が好まれます。

また花束やブーケを制作したり、空間演出などをするときは、お客さまの希望通りに仕上げなければいけません。

そのため上手に希望が聞き出せるヒアリング能力や、予算に合わせたプランに導ける交渉術があることも必要なので、営業などの経験も役立てることができるでしょう。

そのほか周りに配慮ができる社会人経験や、マナーがあることも最低限必要です。

もちろんフラワーコーディネーターとしての経験がある人や、花屋やフラワー業界で働いたことがある人は、職務経験が役立つので、大いにアピールしましょう。

フラワーコーディネーターへの転職面接で気をつけるべきことは?

フラワーコーディネーターへの転職面接で気をつけるべきことは、しっかりと受け答えができるように準備しておくことです。

初めて話す面接官にも気持ちよく接することができれば、初対面のお客さまにも気持ちよく接客できるとイメージしてもらうことができます。

そのため面接ではどんな質問をされても、笑顔でハキハキと答えられるようにしておきましょう。

志望動機はもちろん、自己PRポイント、「なぜこの企業・店舗を選んだのか」など想定できる質問は、コンパクトにまとめて話せるようにしておくと安心です。

あわせてコミュニケーション能力の高さや、ヒアリング能力、交渉術などもチェックされているので、しっかり意識しておくことをおすすめします。

お客さまと接することが多い仕事柄、印象を左右する外見も重視されるので、服装や身だしなみもしっかり整えておきましょう。

フラワーコーディネーターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

フラワーコーディネーターに転職可能な年齢は、35歳くらいまでを目安にしておくとよいかもしれません。

求人を見てみると、年齢制限を設けている会社はほとんどなく、何歳からでも目指せる仕事です。

実際に未経験の転職者で30歳からデビューしている人もいますし、実力次第でチャンスに恵まれる仕事なので、本人の努力があれば問題ないでしょう。

しかしフラワーコーディネーターは、朝早くから繁忙期には夜遅くまで作業したり、重い花や陶器を運び入れるのも重労働のため、体力がないと続けられません。

そのため求人情報に記載されていなくても、採用する企業や店舗側は20代や30代半ばのスタッフの採用を想定している場合が多いようです。

フラワーコーディネーターに転職する場合は、なるべく若くて体力があるうちに目指すのがよいでしょう。

未経験からフラワーコーディネーターの転職での志望動機

未経験からフラワーコーディネーターに転職する場合の志望動機は、これまでの経験がどう転職先の企業や店舗で生かせるかを考えるとよいでしょう。

「花が好き」ということはほかのライバルたちの多くが考えていることなので、一歩踏み込んだ内容が必要です。

たとえばフラワーコーディネートに感動した経験がある人は、そこにこれまでの職務経験をプラスして、どんなフラワーコーディネーターを目指したいかの目標を書くとオリジナルの志望動機になります。

接客経験がある人なら「お客さまに寄り添える存在になりたい」、コミュニケーション力が高い人なら「希望を引き出してイメージ以上のフラワーギフトを作りたい」などとまとめることが可能です。

さらに「なぜこの企業・店舗を選んだのか」を具体的に盛り込むことで、未経験でも強い熱意を伝えることができるでしょう。