森林インストラクターに向いている人・適性・必要なスキル

森林インストラクターに向いている性格・適性

自然を愛している人

森林インストラクターは、自然に囲まれた環境で仕事をします。

自然をこよなく愛し、四季折々の姿に感動を覚える人であれば、大好きな環境で仕事ができるでしょう。

「好きこそものの上手なれ」といいますが、森林インストラクターとしてこれ以上の適性はないかもしれません。

人と接することが好きな人

森林インストラクターは、ツアーや自然教室などの形で多くの人と接する仕事でもあります。

自然の魅力をふんだんに伝え、危険も多い自然の中で安全に行動してもらうためには、コミュニケーションを密に行う必要があります。

人とコミュニケーションをとることが好きな人であれば、必要な情報を楽しく伝えることができるでしょう。

アイデアを思い浮かべるのが好きな人

森林インストラクターは、ガイド内容や教室の内容を一任されていることが多いです。

つまり、自分のアイデアがダイレクトに仕事内容に反映する仕事でもあるため、利用客を楽しませることを思い浮かべながらアイデアを捻出することが好きな人であれば、質の良い接客ができるでしょう。

森林インストラクターになるには? 必要な資格は?

森林インストラクターに必要なスキル・能力

自然に関する知識

森林インストラクターには、自然に関する豊富かつ最新の知識が求められます。

森林インストラクターになるためには民間資格を取得する必要があるのですが、その際に行われる筆記試験には森林や動植物に関する知識が求められます。

また、森林インストラクターとして働き始めてからはさらに豊富な自然関係の知識を要求されますので、日々知識を増やす努力が求められます。

コミュニケーション能力

森林インストラクターは、ツアー客を案内して森林を歩くので、コミュニケーション能力が求められます。

また、自然教室では小中学生を相手にする機会もありますので、わかりやすい言葉で接する能力も求められます。

プレゼンテーションの技能

森林インストラクターは、自然に関する知識を伝える仕事です。

特に自然教室では小中学生を相手に自然の知識を伝える必要がありますので、親しみやすいテーマを選んだり、子どもを飽きさせない手法でプレゼンを行う必要があります。

高校や大学などで子どもを相手に勉強などを教えた経験があれば、役に立つでしょう。

危機管理能力

森林インストラクターが仕事をする環境は、癒しを得られる側面がある一方で、事故などによってケガをするリスクがある側面も持ち合わせています。

自分だけでなく、ツアーや教室に参加している人たちの安全も預かる仕事ですから、人一倍「危険やリスクに対する察知・管理能力」が問われるのです。

体力

森林インストラクターは自然の中を歩き回る仕事なので、どうしても「体力」が求められる仕事でもあります。

業務内容によっては体力をさほど使わないケースもありますので、体力に自信がない人は求人内容をしっかりと確認して、自分にできる働き方を探しましょう。

森林インストラクターに向いていないのはどんな人?

人と接するのが苦手な人

森林インストラクターの仕事はどうしても他人と接する機会が発生する仕事でもありますので、人とコミュニケーションをとることが苦手な人だと仕事に差し支える可能性があります。

ただし、森林の良さを人に広めたいという熱意は、言葉巧みでなくてもツアー参加者に通じることもありますので、人と接することが苦手でもあきらめずにチャレンジしてみましょう。

体の弱い人

森林インストラクターの仕事は体力が必要ですし、自然環境と密接に触れるので日焼けや虫刺されなどの肌トラブルにも見舞われます。

体が弱い人だと、病気やさまざまな症状に悩まされるかもしれません。

しかし、自分の体力に合うツアーを実施するなど、工夫次第で体力の問題をクリアすることもできます。

また、勤務ペースを勤務先と相談することも大切です。

勉強や資料作成が苦手な人

森林インストラクターは、ツアーや教室で人に自然に関する知識を教えるために、まず自分自身が自然に詳しくなければ務まりません。

また、自然教室などで用いる資料作成も一任されているケースが多いので、文章力やパワーポイント等の文書作成能力も必要です。

森林インストラクターを目指すのであれば、文書作成スキルも身に付けてくと有利でしょう。