「トリマー」の仕事とは

トリマーの仕事内容

トリマーは、ペットサロンなどでペットのシャンプーやカット、爪切り、耳掃除、体調チェックなどを行う仕事です。

犬が中心となりますが、猫や、ウサギなど小動物のお世話をすることもあります。

最近では、人間の美容室のようにカラーリングやリラクゼーションのメニューを施すサロンも増え、飼い主からのさまざまな要望に対応しています。

人一倍動物好きであることや、コミュニケーション能力が求められる仕事です。

トリマーになるには

トリマーになるのに、絶対に必要な資格はありません。

しかし、この仕事ではペットの扱い方や、シャンプー、カットの技術はもちろん、動物医療に関する知識も必要不可欠です。

そのため、まずは高校卒業後にトリマー専門学校で学び、ペットショップやペットサロンに就職するのが一般的です。

指定校を出た学生が受験できるトリマーの検定試験も存在します。

また、中には通信講座で勉強したのち、アルバイトで技術と知識を身につける人もいます。

トリマーの給料・年収

アルバイトの時給は750円~1200円程度が一般的です。

最初から正社員としての就職は厳しいことも多いものの、専門学校を卒業して資格を得ていれば、就職時に優遇されやすいようです。

また、実力が認められればアルバイトから社員にステップアップできることもあります。

個人経営の店も多いため、給料や待遇面は勤務先によってまちまちですが、あまり良い待遇は期待しないほうがいいでしょう。

経験を積み、スキルを身につけ、独立開業する人もいます。

トリマーの現状と将来性・今後の見通し

ペットを飼う人が増え、ペット向けのサービスも拡充されています。

マッサージやセラピーなど、人間さながらのメニューを用意するサロンもできており、トリマーに求められる仕事の幅は広がっていると言えるでしょう。

また、ペットが健康に過ごすためにもトリマーは欠かせない存在です。

今後もさらなる活躍が期待される職業ですが、競争は厳しくなっているため、常に技術を磨き、自分自身を高めていくことが大切です。