ガーデンデザイナーの仕事内容

ガーデンデザイナーの仕事とは

ガーデンデザイナーは、庭をデザインし、それぞれの環境や目的に合った緑を演出していく職業です。

個人住宅の庭のほか、公共の公園や庭園といった場所を扱うこともあります。

ガーデンデザイナーは設計の仕事が中心で、実際に植物を切ったり、石を動かしたりなどの実際の作業は庭師が行うのが一般的です。

設計の際には、設計に関する知識だけでなく、自然や植物について深く理解していることが必要です。

ガーデンデザイナーの業務の内容

ガーデンデザイナーの仕事は、依頼主からどのような庭にしたいのか、どのような空間にしたいのかという要望やコンセプト、予算などをヒアリングすることから始まります。

その要望を受け、ガーデンデザイナーは

・どのような植物を植えるのか、どう配置するのか
・どんなエクステリアを選ぶのか
・庭の構造をどうするのか
・給水や排水の構造

など、庭の設計に関すること全般をデザインしていきます。

デザイン案をもとに、植物の種類、配置、給排水の設備などを検討し、依頼主や施工業者と打ち合わせを重ねて、図面やデッサンを作成し、詳細を詰めていきます。

最終的にOKが出ると、実際の造園工事へと入ります。

工事が始まってからも、図面通りに工事が進むように施工管理も行います。

造園作業自体は、別の職人が行うことがほとんどのため、ガーデンデザイナーは依頼者と業者の間をつなぐという大切な役割も果たしています。

ガーデンデザイナーの役割

庭をデザインするには、デザインの知識だけでなく、植物をはじめ、土壌や外装(エクステリア)、給排水などさまざまな知識が必要です。

ガーデンデザイナーは、こうした複合的な知識を持つ「庭の専門家」としての役割が求められます。

ガーデニングブームが続く昨今では、ガーデンデザイナーの役割は非常に大きなものとなっています。

ガーデンデザイナーの勤務先の種類

ガーデンデザイナーの勤務先は、ホームセンターや園芸店、造園会社、設計事務所などです。

なかには経験を積み、独立して個人で活躍する人もいます。

独立・開業するにあたっては、特別な学歴や免許、資格等は必要なく、花屋のように商品を陳列するわけではないので、店舗がなくても自分のオフィスさえあれば比較的容易に開業することができます。

ただし、開業した場合には、自分で実績・信頼を作りあげお客さんを確保していかなければなりません。

ガーデンデザイナーの仕事の流れ

ガーデンデザイナーの仕事の流れは、大まかに分けると以下のようになっています。

1.独立開業している場合には、集客・PRなどの営業を行います。
2.依頼があると、お客さんの要望や予算を聞き、庭の現状・広さなどを調べていきます。
3.おおまかな図面やデザイン案などを作成し、お客様の要望や予算とすり合せながらプランを固めていきます。
4.業者や庭師に依頼し、施工を開始します。
5.実際に施工が始まると、現場で進行を確認したり、指示をしたりすることもあります。