このサイトはペットショップ店員を目指す人のための情報サイトです。

ペットショップ店員とは?

ペットショップ店員は、ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などに携わる仕事です。資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあり、それぞれの世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。ペットショップに正社員として就職した場合、年収は200万円~400万円程度が平均とされており、高年収は見込みにくいでしょう。アルバイトとして働く人も多くいます。最近は、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップが増加しており、「トリマー」資格を持っているなど、より専門的な知識や技術を有するペットショップ店員の需要が高まると考えられます。

ペットショップ店員の仕事内容

ペットショップで接客、販売、生体管理、商品管理、店舗運営の補助などを行うのがペットショップ店員の仕事です。

商品のペット(愛玩動物)にはイヌやネコなどの哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、熱帯魚など観賞用の魚類、昆虫などがあります。

さまざまなペットの種類や寿命などの特徴をはじめ、世話の仕方や飼い方など動物に関する多様な知識が必要です。

来店者の要求に応じて適切なアドバイスを行い、販売、販売後のケアを担当します。

日常作業としては、食事や排泄の世話、健康管理、清潔維持、掃除などを行います。

ペットやペットフードなどの関連商品も含めて仕入れや棚卸し、売り上げ計算などの商品管理や店舗運営の補助をすることもあります。

また、シャンプーやブロー、ワクチン接種の手伝いなど、トリマーや獣医の補助を行うこともあります。

ペットショップ店員になるには・必要な資格は?

ペットショップ店員になるために必要な資格や学歴はとくにありません。

ペットショップの求人情報に応募して面接などを経て採用されるとペットショップ店員になることができます。

ただし、動物関連の専門学校や通信教育で学び、民間資格を取得して就職に備える人もいます。

とくに「愛玩動物飼養管理士」やペットの美容師である「トリマー(グルーマー)」の資格は就職に有利でしょう。

動物関連の民間資格には、公益社団法人「日本愛玩動物協会」認定の「愛玩動物飼養管理士」、一般社団法人「日本ペット技能検定協会」認定の「ペット販売士」「トリマー」「家庭犬トレーナー」、動物看護師(士)(日本動物看護学会ほか)などがあります。

ペットショップ店員に向いている人

熱帯魚の専門店など商品の範囲が限られることもありますが、通常は扱う動物の種類は豊富です。

さまざまな動物が好きで根気強く世話を続けることができる人はペットショップ店員に向いています。

また何らかのペットを飼ったことがある人は仕事を覚えるのが早いでしょう。

食事や排泄の世話、清潔維持といった日常作業からペットそれぞれの体調を把握し、健康管理をすることができるはずです。

命を預かる仕事ですから責任感の強い人は適性があります。

接客するにあたり来店者からペットについて相談を受けることも多くあります。

過酷な労働を苦にせず、人の話を親身になって聞き、動物に関する知識や愛情が豊かで、的確なアドバイスができる人はペットショップ店員に向いています。

ペットショップ店員の就職状況・雇用形態

ペットショップ店員の雇用形態は正社員や契約社員、アルバイトやパートなどさまざまです。

またペット業界には動物看護師、トリマー(グルーマー)、ドッグトレーナー、動物介護士、ペットシッターなどの職業が存在します。

おもな勤務先は動物病院、トリミングサロン、犬のしつけ教室、老犬ホームやデイケア(通所型介護)施設、ペットホテルやペット保育園、ペットシッター派遣会社など。ただし上記以外のペットショップで働く人も多いでしょう。

ペット市場は拡大傾向にありますが、売り上げはブーム全盛期ほどではなく、就職は難しくなっています。

そのため愛玩動物飼養管理士やペット販売士のほか上記の民間資格を取得するか、動物関連の専門学校で学ぶ過程で求人情報を得るなどの努力が必要です。

ペットショップ店員の給料・年収・待遇

ペットショップに正社員として就職した場合の初任給は10万円代前半となることが多いでしょう。

年収は200~400万円程度と、あまり高年収が見込める職場ではありません。

小規模の店舗が多いので、残業代やボーナス、退職金がないようなところも多いようです。

アルバイトやパートとして勤務する場合は時給800~950円程度からスタートして、昇給するのが一般的です。

最近はトリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップが増えています。

愛玩動物飼養管理士やトリマー、動物看護師などの資格取得者は採用や昇給、給料に関して優遇されることもあります。

ペットショップ店員の生活・勤務時間・休日

ペットショップの営業時間はおおむね10:00~21:00前後です。土日祝や夏季・冬季など一般的な休日に来店者数は増加します。

そのため土日祝を含めた週5日、シフト制で出勤し、平日2日が休みというペットショップ店員がほとんどでしょう。

また年中無休のペットショップが一般的で、年末年始や通常の夏季休暇も出勤し、正社員は残業も多いでしょう。

商品のペットは動物ですから、24時間365日、健康管理をする必要があります。

アルバイトやパートでも1日6時間以上またはフルタイム勤務の場合が多く、土日祝や通常の休暇期間に出勤できる人は優遇される傾向があります。

大好きな動物と触れ合う毎日ですが、命を預かるという責任感の大きな職業です。

ペットショップ店員の現状と将来性

有史以来、動物とともに暮らしてきた人間は愛玩動物としてペットを飼うようになり、江戸時代には金魚、明治時代にはウサギがブームになりました。

昭和に入ると、熱帯魚や小鳥、スピッツやマルチーズといった小型犬のブームが起きています。

バブル期にあったペットブームにおいては、シベリアンハスキーやゴールデンレトリーバーなどの大型犬やハムスターに人気が集まりました。

現在は、ペットを「コンパニオンアニマル」と呼ぶなど、ペットを家族の一員として考えるような文化が定着しています。

また、トリミングサロンやペットホテル、動物病院を併設する総合ペットショップの増加に伴い、より専門的な知識や技術をもったペットショップ店員が今後は活躍すると考えられます。

トリマーの技術はペットの世話という日常業務に非常に役立ちます。

また、動物看護師やドッグトレーナー、動物介護士、ペットシッターなどの資格、知識があれば、少子・高齢化社会に即した新たな動物との関わり方を提案できるかもしれません。