気象予報士の仕事内容

気象予報士の仕事とは

気象予報士は、さまざまな気象データをもとに天候を予測する仕事です。

気象庁から提供される各地の観測データや気象レーダー、アメダスなどの情報を分析し、天気・気温・湿度・降水確率などを予想しますが、データだけでなくその地域の地形や特性も踏まえなくてはならないため、高度な専門知識が求められます。

天候の予測は命に関わることもあり責任のある仕事のため、気象予報士の資格を持たない人が、業務として気象を予報することは法律で禁止されています。

気象予報士の業務の内容

メディア企業

気象予報士は、気象庁から受け取った気象情報を分析し、裏方としてキャスターのための台本をづくりを行います。

気象庁発表のリアルタイムの情報を取得し、ニュースの気象情報の時間までに気象予測を立てることの繰り返しとなるため、メディア企業につとめる気象予報士の業務はハードだといわれています。

民間気象会社

民間の気象会社の場合、クライアント企業の依頼に応じた気象予測を提供します。

たとえば広告代理店がイベントの企画をする場合、当日の天候によって集客や段取りが大きく変わる可能性があるため、民間の気象会社からデータを提供してもらい、気温や降水確率など、できる限り正確な天候を予測して準備を行います。

気象予報士はその時期の季節要因だけでなく、イベント会場の地理的条件も考慮し、さまざまな要素から総合的に判断する必要があります。

商社などの一般企業

一般企業に所属する気象予報士もいます。

その場合、自分の会社にとって必要な気象予測を提供していきます。

たとえば商社がアメリカで小麦の買い付けをする場合、どのタイミングで小麦を買えば最も会社が儲かるのかを考えます。

小麦の質や市場の値動きは、小麦産地の気象情報を分析することで予想できるため、どの時期に小麦を購入すればよいのかをこうしたデータを元に判断します。

このように企業の利益のために必要な情報を与えるのが一般企業に所属する気象予報士です。

気象予報士の役割

気象のプロフェッショナル

さまざまな技術が発達しても、自然派人間がコントロールすることができません。

特に近年さまざまな自然災害が多く起こる中で、できる限り自然の動きを早めに察知して何が起きるのかを明らかにすることが気象予報士の役割です。

気象のプロフェッショナルである気象予報士は、予報業務を行うことで、漁業や農業など自然を相手に働いている人たちの仕事を支えたり、人々の異動や仕事、イベント等を安全に実現したりしているのです。

自然がコントロールできなくても、あらかじめ予測することで生活はコントロールすることができます。

気象予報士がいるおかげで、私たち人間は豊かで安全な生活を送ることができるのです。

命を守るための戦い

近年は局地的な大雨や季節外れの台風、大雪など、過去に経験したことがないような異常気象と対面しています。

こうした異常気象が土砂災害の発生や交通事故につながり人々の尊い命が失われてしまうという悲劇も起きています。

気象予報士は、こうした自然災害による被害を最小限に抑えたいという思いで仕事と向き合っています。

大雨や台風が来ることが的確に予報できれば、事前に危険地域に警報を出すことができ、人々を避難させることができます。

一分一秒でも早く、的確に、予報をすること。それが気象予報士に課せられた重大な使命です。

大きな責任の伴う仕事ではありますが、気象予報は人々の命を守るための戦いでもあるということを肝に銘じて、気象予報士は日々の業務と向き合っているのです。

気象予報士の勤務先の種類

気象予報士の多くは、気象庁の許可を受けた民間の気象会社に勤めています。

また、気象予報を報道するテレビ局や新聞局などのマスメディアで働く人や民間企業で働く人もいます。

公的機関では、気象庁や自衛隊、地方自治体の公務員などとして働く道があります。

気象予報士の就職先の種類・活躍の場

気象予報士と関連した職業

気象予報士というと、テレビなどで活躍するお天気キャスターを想像する人も多いですが、キャスターは必ずしも気象予報士の資格を持っている人ではありません。

実際の気象予報士が登場して解説することもありますが、その多くは裏方としてキャスターのための台本をつくっています。