フラワーコーディネーターの需要・現状と将来性

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フラワーコーディネーターの現状

フラワーコーディネーターの市場は、景気の影響を受けやすいのが特徴です。

結婚式やパーティーを飾る装花や、花束やフラワーアレンジメントで空間を華やかに演出し、思いを伝えてくれるフラワーコーディネーターは、イベントなどで欠かせない存在になっています。

しかし扱う「花」は生活必需品ではないため、人々の生活や企業の経営の余裕があるときは売り上げも好調になりますが、景気が悪くなると、真っ先に節約の対象にされてしまいがちです。

このためフラワーコーディネーターの需要や給料は、不安定になる傾向があります。

また多くのフラワーコーディネーターが活躍するブライダル業界も、巨大な市場規模を持っていますが、近年の人口減少と晩婚化に伴い、市場規模の縮小が予想されています。

活躍の場が多いものの、景気に左右されやすいことが課題といえるでしょう。

フラワーコーディネーターの需要

フラワーコーディネーターの需要は、今後も高まることが予想されていますが、正社員として働くのは狭き門といえます。

フラワーコーディネーターは花屋や園芸ショップなどで働くのが一般的で、雇用形態は「正社員」「契約社員」「パート」「アルバイト」「業務委託」とさまざまです。

しかしどちらかというと正社員での求人は少なく、パートやアルバイトの求人が多い傾向にあります。

その理由はフラワーコーディネーターの仕事は忙しい時期がある程度決まっているため、注文が多いときにパートやアルバイトを雇う方が経営的には効率が良いためです。

たとえば結婚式のためのブーケ作りや、会場の装飾、母の日や父の日のギフトセットの準備や発送、クリスマスや歓送迎会シーズンの花束作りなどのイベントのときは、たくさんの人手が必要になります。

普段は正社員だけで仕事を回し、こういった繁忙期にだけ臨時で人手を増やすというスタイルを取るのは効果的なので、パートやアルバイトの従業員が重宝されているのです。

このようにフラワーコーディネーターの需要は高く、正社員からアルバイトまでさまざまな働き方ができる仕事といえます。

フラワーコーディネーターの将来性

最近フラワーアレンジメントの人気が高まっていることから、フラワーコーディネーターの仕事は将来性が見込まれています。

日本には昔から「生け花」「華道」という伝統文化があり、空間を花で彩る習慣が深く根付いていました。

その中で気軽に花束やブーケを作って楽しめる「フラワーアレンジメント」が広まったことで、フラワーコーディネーターの活躍の場が広がっているのです。

最近では薬剤の研究が進み、「プリザーブドフラワー」という長期保存のきく花束が作られ、季節ごとに自宅を花に飾ったり、遠方の人にギフトとして贈ったりとイベントごとに購入する機会が増えています。

またインターネットの通信販売が、圧倒的に売り上げを伸ばしており、母の日や父の日の花束のギフトも気軽に注文できるようになりました。

フラワーコーディネーターは景気に左右されやすい課題はありますが、インターネットでの販路拡大を狙うことがひとつの解決策となるでしょう。

店舗の周辺住民だけでなく、全国に自分の花束のファンを広げていくことも可能となるはずです。

フラワーコーディネーターの今後の活躍の場

フラワーコーディネーターとして活躍の場をもっと広げたい思いがある人は、独立開業するのもひとつの手です。

結婚式場などでの装花、ギフトフラワーの制作だけでなく、フラワーアレンジメントレッスンやフラワーデモンストレーションのパフォーマンスなどその仕事内容は多岐にわたります。

そのほか異業種のアーティストとコラボレーションをして作品作りをしたり、海外でフラワーアレンジメントの撮影を行ったりと、チャンスがあれば活躍の場は無限大といえるでしょう。

開業にあたっては、特別な資格が必要なわけではありません。

植物を取り扱う知識やスキル、美しく花を組み合わせるセンス、顧客をつかむことができる人脈、経営のノウハウが身につけば、年齢が若くても独立することは可能です。

開業にあたっては、結婚式場やホテル、レストランなど、定期的に案件を発注してくれる企業が周りにあるかどうかが重要なポイントになります。

また実績がなければ依頼をしてもらうのは難しいため、独立開業までに大型の案件をいくつか経験しておくことが望ましいでしょう。