小説家の給料・年収

  
小説家の給料は、おもに原稿料と印税で、人気作家になればなるほど原稿料は高くなります。

基本的には売上げが給料・年収になります。

売り上げも人それぞれで、新人小説家の場合、一般的に初版1000部~2000部なので、印税が10%の場合10万円となります。

小説を執筆する労力と時間を考えると、この金額は決して高いとは言えないのが現状です。

この記事では、小説家の給料・年収について解説します。

小説家の平均年収・給料の統計データ

小説家が収入を得るのはおもに原稿料と印税です。

原稿料は一枚当たりの値段は作家によって異なり、人気作家になればなるほど原稿料は高くなります。

印税は、出版された本が一冊売れる度に規定の金額が支払われる仕組みで、小説家の収入はこの2つから成り立っています。

小説家の平均年収・月収・ボーナス

小説家の収入は、月収ではなく売上に対する収入で、小説一冊あたりの印税は100円~200円程度です。

重版がかかったり、小説を多く出版したりすれば収入も増えますが、実際に小説家の仕事のみで収入を立てるのは難しいのが現状です。

小説家の初任給はどれくらい?

新人小説家の場合、一般的に初版1000部~2000部とされています。

1000円の本が1000部出版され、印税が10%の場合10万円となります。

小説を執筆する労力と時間を考えると、この金額は決して高いとは言えないでしょう。

小説家の福利厚生の特徴

小説家は、基本的に自営業のため福利厚生などの待遇は期待できません。

そのためスケジュール調整や金銭面の管理も自分で行わなくてはなりません。

小説を書く才能だけでなく、こうした管理能力や知識も求められます。

小説家の給料・年収の特徴

小説家の原稿料

月刊誌の連載や新聞連載・単発の執筆などで発生します。

単発の執筆とは、

  • 雑誌の表紙
  • コラム
  • 月刊誌の穴埋め

などのことです。

原稿料は四百字詰原稿用紙換算して一枚当たりの値段で決まります。

一枚当たりの値段は作家によって異なり、一般的には4000円から3万円と言われ、大御所作家や売れっ子作家の場合は当然高くなります。

たとえば雑誌で連載をしている場合、一回につき原稿用紙四十枚ほど、一枚4000円だとすると収入は16万円になります。

小説家の印税

出版された本が一冊売れる度に規定の印税が入ります。

パーセンテージは出版社によっても異なりますが、おおよそは10%です。

小説家の最大の収入がこの印税となるため、多くの小説家はできるだけ印税のパーセンテージが高い出版社から出版したいと考えます。

本を書き上げたときの収入

小説家は一冊の本を書きあげた場合、

  • 連載小説による原稿料
  • 連載が終了後、単行本として出版したことによる印税
  • 数年後、単行本が文庫本化されたことによる印税

といった形で入ります。

小説家の中には連載を嫌がり、書下ろしにこだわる人も大勢おり、その場合は印税のみとなり原稿料は入りません。

しかし出版の際に「書き下ろし小説」と銘打つことで発行部数も伸び印税が高くなる傾向にあり、どのように収入を得るかは一長一短です。

小説家が収入を上げるためには

インターネットに活躍の場を広げる

近年はジャンルの多様化や小説投稿サイトの利用者の増加から、インターネット発の小説家も増えてきています。

出版不況もあり、紙媒体は今後縮小傾向になると考えられるため、有料サイトをはじめとしたインターネットで作品を発表するなど活躍の場を広げていく必要があるでしょう。

新たなジャンルに挑戦する

近年はライトノベルのように、軽いタッチで読める作品が受けています。

こうした作品は売上も増えているため、純文学にこだわらずさまざまなジャンルに挑戦していくことが大切です。

とくに、アマチュアでも作品を投稿できるサイトは、純文学よりもライトノベルのような軽いタッチで若者に受ける作品が人気のため、こうしたジャンルは今後ますます人気が加速するでしょう。

「小説家の給料・年収」のまとめ

雑誌で連載をしている場合、一回につき原稿用紙四十枚ほど、一枚4000円だとすると収入は16万円となります。

出版された本が一冊売れる度に規定の印税が入り、パーセンテージは出版社によっても異なりますが、おおよそは10%です。

出版不況もあり、紙媒体は今後縮小傾向になると考えられるため、有料サイトをはじめとしたインターネットで作品を発表するなど活躍の場を広げていく必要があるでしょう。