このサイトは編集者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「編集者」

仕事内容
編集者は、書籍や雑誌、漫画などを企画・制作する仕事です。就職先は出版社や制作プロダクションが中心です。出版社で働く場合、企画や予算どり、取材、記事編集などが編集者のおもな業務ですが、一人の編集者がどの業務にどの程度携わるかは、勤務先や企画によっても異なります。作業量が多い場合、編集プロダクションやフリーランスのライターやカメラマンに仕事を割り振り、集まった原稿や写真を編集していきます。
なるには
編集者になるには、まず出版社や編集プロダクションに就職という方法が挙げられます。大卒の学歴が採用条件となっていることも多く、採用試験の倍率は百倍を超えることも少なくありません。出版社の下請けとなる編集プロダクションは規模もさまざまであり、学歴がなくても熱意やセンスが認められれば、アルバイトから働ける可能性があります。出版社や編集プロダクションでの勤務経験を重ねたのち、フリーランスになる人もいます。
給料
編集者の給料は、勤務先やキャリアよってだいぶ異なります。大手出版社の編集長クラスになれば、年収1000万円以上を稼ぐ人も少なくありませんが、中小出版社の社員であれば年収400万円~500万円程度が相場です。編集プロダクション勤務やアルバイトで働く場合は、年収200万円~300万円程度という人もいるようです。フリーランスになると、収入は自分の活動次第になりますが、報酬額は仕事によってまちまちなので、不安定な生活にもなりがちです。
将来性
「出版不況」という言葉をよく耳にするようになりましたが、確かに廃刊となる雑誌は増えており、書籍の売上も落ちていると言われます。今後も厳しい状況は続くと見られますが、一方では電子書籍の登場など、新しい領域での可能性も広がっていると言えます。書籍にしろ、雑誌にしろ、作ったものを「誰に届けるのか?」ということを常に念頭に置き、多方面にアンテナを張り巡らせ、読者から親しまれるものを生み出せる編集者が生き残っていくでしょう。

仕事体験談