小説家は生活できる職業? 副業でも働ける?

  
小説家は、原稿料と印税によって収入を得ています。

そのため、一般的なサラリーマンのように毎月固定の給与を貰えるわけでも、小説を書いたら書いた分だけお金がもらえるというわけでもありません。

多くの小説家は小説家1本で生活ができず、他に仕事をして副業をしているのが現状です。

この記事では、小説家は生活できる職業か・副業について解説します。

小説家として生活していくには

専業作家はごくわずか

小説家とは、一般的なサラリーマンのように毎月固定の給与を貰えるわけではありません。

また、小説を書いたら書いた分だけお金がもらえるというわけでもありません。

小説家の収入は、

  • 作品を書いた原稿料
  • 本が売れた際の印税

からなりますが、これだけで生活を成り立たせられるのは本当に売れているごくわずかな小説家だけです。

多くの小説家は、

など他に仕事をもちながら生計をたてているのが現状です。

売れる小説を書く

小説家として収入を得るためには「売れる小説」いわゆるヒット作を作ることが大切です。

どれだけよい作品を書いたとしても、多くの人の元に届かなければ小説としての価値はありませんし、小説家として収入を得らえません。

たとえ文芸賞や新人賞を受賞し華々しくデビューしたとしても、その後小説がヒットせず第一線から退いてしまう人も多くいるため、売れる小説を書き続けることは非常に大変なことです。

売れる小説を書くためには、編集者や読者の視点を大切にしながら作品を作らなくてはならないため、時には自分の思ったものが自由に書けないと葛藤する人もいるようです。

しかし、こうした葛藤を乗り越えて作品を作り上げられる人こそが、商業的に小説家として成功するのです。

兼業作家というスタイル

兼業作家のメリット

専業作家となった場合は、執筆に没頭できるものの、本が売れなかったら生活もままならず、生活ができなければ小説を書くことすらできなくなってしまいます。

兼業作家の場合、他に仕事をもち、安定した収入を得ているため、執筆可能時間こそ少なくなりますが金銭面で生活に支障をきたすことはありません。

また、小説家という特殊な仕事をしていると日常から離れがちになってしまうため、社会人として働くことで小説のネタが生まれたり、新しい発想が生まれたりすることも多くあります。

そのため、小説家のなかには、多くのヒット作を出しながらもいまだに兼業作家として働いている人も少なくありません。

兼業作家から専業作家へ

兼業作家から専業作家へと移行するタイミングとしては、

  • 文学賞を受賞して小説家として本格的にデビューしたとき
  • 仕事が増え、本業がままならなくなってきたとき
  • 人気が出て小説家だけでも生活ができそうだと確信したとき

など、小説家によってさまざまです。

小説家を目指す人の多くは専業作家を目指していますが、決して焦ることはありません。

小説家は何歳になってもデビューできますし、時間と情熱さえ確保できればどんな状況だとしても小説を書き続けることはできます。

専業作家になることだけを目指すのではなく、自分の収入や生活スタイルに合わせて、どのように活動していくかを適宜考えていくことが大切です。

「小説家は生活できる職業? 副業でも働ける? 」のまとめ

小説家として生活を成り立たせられるのは本当に売れているごくわずかな人だけです。

多くの小説家は、文芸教室などのセミナー講師や、文学賞の下読みなど、他に仕事をもちながら、副業として小説を書いているのが現状です。

小説家のなかには、多くのヒット作を出しながらもいまだに兼業作家として働いている人も少なくありません。