絵本作家になるには

絵本作家になるまでの道のり

出版社に作品を持ち込み、編集者に認めてもらう

出版社では比較的売り込みを歓迎する習慣があるため、直接出版社にアピールして絵本作家デビューを掴んだ人も多く存在しています。

しかし出版社側の都合やタイミングがあったり、作家志望者の作品のジャンルや作風との相性があったりもするため、よほど出版業界に強い人でない限り、1つの出版社を選んで直談判するのはリスクが高いといえるでしょう。

コンクールで入賞をする

講談社 絵本新人賞

出版社では、年に1回大きな絵本コンテストを開催しているところがあります。

講談社による「講談社 絵本新人賞」は、絵本作りのプロフェッショナルを目指す人のための登竜門ともいえるコンテストで、その注目度の高さから、ヒット作となることが約束されているといっても過言ではありません。

また「講談社 絵本新人賞」という肩書きはその後の作家人生においても多大なる後押しになることは間違いありません。

各雑誌や企業の絵本コンテスト

大手出版社に限らず、雑誌や企業が主催となった中堅の絵本コンテストが毎年行われており、初心者でも比較的応募しやすくなっています。

コンテストはテーマが決められているものも多く、それに挑戦していくことで表現力を高め、絵本作家としてのスキルを身に付けていくことができます。

公募情報を探してみると、絵本作家志望者向けの小さなコンテストが掲載されることもあるため、こまめにチェックしましょう。

絵本作家になるための学校の種類

絵本作家になりたい場合、最初に自分がどのような表現で作品を手掛けたいかを考えなければなりません。

文章だけを書きたいのか、それとも絵を描きたいのか、または文章も絵も両方とも手掛けたいのかということです。

絵に関しては美術学校や美大、デザイナー学校などで勉強するのが一般的です。

独学でも問題はありませんが、絵を描くにはある程度の技術と描き方の基本があるため、体系的に学ぶ方がよいでしょう。

また絵本に関しては文章よりも絵が重要です。

子どもが興味を示す絵と上手い絵は異なるため、大学や短大で児童文学を学んだり、絵本作家養成のスクールで絵本作りの基礎を身につけたりしておくこともよいでしょう。

絵本作家になるための学校と学費(大学・専門学校・スクール)

絵本作家に向いている人

子どもの心に訴えることができる絵本を描くためには、感性が豊かであることが必要です。

日頃から身の回りのことを観察し、小さなことにも感動することができるタイプが向いているといえるでしょう。

また子どもに対して深い愛情があり、伝えたいことがあるという気持ちを持っていることも大切です。

絵本作家に向いている人・適性・必要なスキル

絵本作家のキャリアプラン・キャリアパス

デビュー後は二作目が勝負

絵本作家のみならず、作家は一般的に二作目が勝負と言われます。

一作目で売れても売れなくても、二作目が売れれば安定した発行部数が今後も見込める傾向にありますが、もし二作目で売れなかったら、三作目、四作目に取りかかっても、出版社側としてもあまり期待はしていないのが現状で、見切りをつけられてしまうことがあります。

出版社とよい関係を築く


新人時代はどうしても自分の作品を世に認めてもらいたいという気持ちが強く、出版社や編集担当者と衝突してしまう人も多いようです。

自分の書きたい作品を書くことも大切ですが、絵本作りではどのような文章や絵が消費者に受け入れられるのかをよく考える必要があります。

出版社はそのノウハウを知り尽くしていますので、新人のうちは勉強するつもりで出版社や編集担当者としっかりと信頼関係を築いていくことが大切です。

うまく信頼関係ができれば、絵本づくりもスムーズにいきますし、挿絵やイラストなどほかの仕事を紹介してもらえるチャンスも広がります。

絵本作家になるきっかけ

絵本作家になったきっかけは、子どもが好きだから、または自分が子どものときに親がよく読んでくれた本や印象的だった本がいまも心に残っているから、という人が多いようです。

また「子どものために絵本を書きたい」「自分が描いた絵本を読んでもらいたい」といった純粋な思いで絵本作家になる人も多いです。

美術学校を出て絵を描く仕事をする際に、その媒体として身近な絵本を選んだという人は非常に多くいます。

男性の絵本作家

絵本に女性的なイメージを抱く人も多くいますが、男性の絵本作家は非常に多く活躍しています。

世代を超えて愛される作品を数多く残している五味太郎さん、国語の教科書にも採用された『あらしのよるに』が有名なきむらゆういちさん、生涯で多くの絵本を残したかこさとしさん、近年注目を集めているヨシタケシンスケさんなどです。

小説家画家と同じように、絵本作家も性別関係なく活躍できる仕事だといえるでしょう。