女性のエディトリアルデザイナー

女性にとって働きやすい仕事?

エディトリアルデザイナーは、女性でも自分の個性を生かしながら働きやすい仕事だといえます。

ファッションやメイク、料理、ライフスタイルなど、女性読者をターゲットにした雑誌等は多数あるため、女性目線での提案やデザインができるエディトリアルデザイナーは重宝されます。

エディトリアルデザイナーは激務といわれがちですが、実際には編集プロダクションやデザイン事務所は小規模の組織も多く、職場環境は勤務先によってだいぶ変わってくるでしょう。

職場によっては残業時間がかなり多かったり、徹夜や休日出勤が当たり前になっているようなところもあるため、気になる人は事前によく確認しておくことをおすすめします。

キャリアアップも目指せる

エディトリアルデザイナーは、個々のセンスやスキルが問われやすい仕事です。

能力がある人のところに仕事が集まりやすく、実力次第で仕事の幅を広げていくことができます。

また、スキルアップしていけばアートディレクターを目指すことができますし、広告やプロモーションツールなどグラフィックデザインの仕事まで手を広げる人もいます。

自分次第で、デザイナーとして多様な活躍のチャンスを得られる仕事といえます。

ライフステージの変化にも対応できる

エディトリアルデザイナーとして経験を積んでいけば、結婚、出産、育児、介護など、さまざまなライフステージの変化があっても、仕事を無理なく続けていくことができます。

それというのも、エディトリアルデザイナーはフリーランスになり、在宅勤務をすることが可能だからです。

フリーランスになると、会社に定められた勤務時間や休日に縛られずに働くことができ、自分のペースで働きやすくなります。

また、この職種は経験やスキルがある人は歓迎されやすいため、それなりの実績を持っていれば、理想の職場へ転職もしやすいというメリットがあります。