エディトリアルデザイナーの給料・年収

新人時代の給料

エディトリアルデザイナーを目指す人は、学校を卒業後、まずデザイン事務所や編集プロダクションに就職するのが一般的です。

実務未経験者の場合、最初はアシスタントからスタートすることが多いとされています。

アシスタントは先輩デザイナーの作業の手伝いをしたり、関係各所への連絡やスケジュール調整、買い出しといった雑務をこなします。

その際の初任給は、月に15万円~18万円程度が相場とされています。

なお、企業によっては、アシスタント時代は正社員ではなく、アルバイトや契約社員として雇用されます。

アルバイトは時給制での給料となり、あまり余裕のある生活は送れないかもしれません。

その後、経験を積んで正社員になると、より良い給料や待遇の下に働けるようになるでしょう。

一人前になってからの給料

アシスタント期間を終えて一人前になったエディトリアルデザイナーの収入は、事務所の規模や個々の経験・能力によって、年収300万円~500万円程度がボリュームゾーンとされています。

この仕事は残業時間が長くなりがちで、場合によっては休日出勤もあります。

そうしたときに、手当がどの程度支給されるのかによっても、収入に違いが出てくるでしょう。

小規模の会社では賞与が支給されなかったり、年俸制となっているところでは残業代がつかず、労働時間に対して割が合わないと話す人もいます。

ただし、実力を高めて昇進していくことで、給料アップは期待できます。

独立してさらに稼ぐ人も

長年経験を積んでフリーランスのエディトリアルデザイナーになった人は、会社勤めの人以上の年収を狙うこともできます。

ただし、この仕事は実力はもちろん信用・信頼がモノをいうため、個人の力で安定して食べていけるようになるのは簡単なことではありません。

デザイナーとしての能力が認められるようになれば、クライアントから指名をもらえるようになり、大きく稼ぐことも可能です。