女性の編集者のキャリアパス・結婚後の生活

女性の編集者の現状

出版社や編集プロダクションで働く女性編集者もいます。

編集プロダクションの場合は自分たちでページを作成するのが主であるため、ハードな肉体労働が強いられるため、出版社に比べると女性編集者は少なく、在職していてもその多くの女性は独身で、現状として結婚後や子育てをしながら働く女性は少ないのが現状です。

もし女性編集者として働いていくのであれば、プライベートと仕事をどう両立させていくのか、あるいはどのようなライフスタイルを送りたいのかをきちんと考える必要があるでしょう。

女性の編集者の強み・弱み

女性の編集者は、さまざまな面から重宝されやすいです。

取材やインタビューをするにしても、相手がリラックスして話をしてくれる傾向にあるため、女性編集者が好まれる傾向にあります。

また、女性向け雑誌や育児雑誌など、読者が女性メインとなる媒体では女性編集者の視点が不可欠なため、こうした女性向け書籍や雑誌の編集部では、実際に結婚・育児を経験した人が働いていることが多いようです。

ただし、出版社や出版業界全体としては、まだまだ男性中心という考えが根強く、実際の職場環境としても女性が長く働くことは難しいため、女性編集者として長く働きたい場合は相応の覚悟が必要です。

編集者の結婚後の働き方・雇用形態

女性編集者の多くは、結婚・出産を機に退職します。

結婚・出産後に家庭と両立するには肉体面でも精神面でも厳しい職場ですし、給料の面から言ってもほかの仕事と大きな差はないため、退職・離職するという人は非常に多いです。

出版社に勤めている場合は、結婚・出産を機に編集者ではなく事務や営業、広報など働きやすい別の部署に異動して働くという人もいるようです。

編集者は子育てしながら働ける?

結婚・出産後も働く女性編集者も多くいます。

書籍・雑誌、どのジャンルなのかよっても忙しさは変わりますが、そのときの編集者としての地位と、会社の業務スタイルによっても両立できるかどうかは大きく変わります。

また結婚後や育児中も働けるかどうかというのは、産休や育休、短時間勤務など会社側の体制が整っているかどうか、自分がどのような働き方をしたいのかによっても異なってくるでしょう。

結婚・出産後も編集者として働きたいという女性は、周囲にロールモデルはいないか、会社側の体制が整っているかどうかなどを、あらかじめ調べておいた方がよいでしょう。

編集者は女性が一生働ける仕事?

現実問題として、編集者は激務なことや男性中心の業界であることなどから、中小の出版社や編集プロダクションで女性が一生働くのは難しい状況にあります。

ただし、こうした問題は時代の流れとともに徐々に変化し、これから年齢を重ねても活躍する女性編集者はより増えてくると予想されます。

また、経歴や実力のある女性編集者は、会社勤めという枠を超えて、リモートワークや在宅などを利用して、フリーランスとして活躍することも考えられます。