新聞記者のやりがい・楽しさ・魅力

新聞記者を志すきっかけは、そのやりがいや仕事内容に惹かれたためだったという人も多いでしょう。

本記事では、新聞記者が達成感を得る瞬間や魅力を紹介します。

新聞記者のやりがい・楽しさ

ペンで社会を動かす

新聞記者がもっともやりがいを感じる瞬間はスクープするときです。

国や企業の不正・不祥事が世に知られた場合は大きな社会問題となることも少なくなく、まさに「ペンは剣よりも強し」を体現しているといえます。

自分が書いた記事が社会を動かすことは大きなやりがいにつながります。

多くの人との出会い

新聞記者は多くの人を取材する中で、たくさんの出会いがあり、取材した縁からプライベートでも親しくすることもあります。

例えば小さなころからスポーツ選手の成長を取材し続け、世界大会やオリンピックに出場するようになったとき、まるで自分の家族のように喜ぶこともあります。

また、人との縁から新たなニュースが得られることもあります。

新聞記者の仕事内容

新聞記者の魅力

読者からの反応

新聞は、多くの人からの反応があるメディアです。

家族や知人が「いい記事だったよ」と反応をくれたり、取材先でも読者から「素晴らしかった」「記事にしてくれてありがとう」と声を聞いたりすることができます。

大きな記事の場合は、全国から電話やメールが殺到することも少なくなく、書いた記事に関する反応をダイレクトに感じることができます。

もちろん、賞賛だけでなく批判も寄せられることもありますが、それさえもさまざまな人の心に響いたという証拠です。

文字となって多くの人のところに届いているという手ごたえを感じることができるのが新聞記者という仕事の魅力のひとつです。

知識や経験が生かせる仕事

記者は政治・経済・教育・福祉・スポーツなどさまざまな担当があり、その担当ジャンルによってさまざまな知識を身につけなければなりません。

新人のうちはわからないことも多く、何をどうしたらよいのかわからないところからはじまりますが、経験を積むうちにさまざまな人とのコネクションを作り、自分で調べたり勉強したりすることで知識を身につけ、記事の書き方にも慣れていきます。

どのような配属になるかにもよりますが、基本的には長期間同じジャンルを担当することが多いため、一度知識や経験を身につければ長く役立てることが可能です。

たとえ担当を変わることになっても、知識や経験を次の担当に引継ぎ、会社の財産にすることもできるでしょう。

新聞記者のやりがいのまとめ

新聞記者がもっともやりがいを感じるのは、自分が携わったスクープで社会を動かす瞬間です。

ほかにも、書いた記事に対する反応から、多くの人に自分の言葉が届いたという手ごたえを感じられるのもやりがいのひとつといえます。

一度身につけた知識や経験を長く役立てられるのも新聞記者という仕事の魅力です。