小説家の需要・現状と将来性

小説家として小説を出版するためには新人賞や文学賞で入賞する必要で、まずはそこを目指して多くの小説家志望者は取り組みます。

しかし近年は、インターネットの普及により小説を発表できる場は大きく広がり、何かのきっかけに作品が話題となれば、出版社から目をつけてもらってデビューという可能性もゼロではありません。

今後は、小説投稿サイトでデビューする小説家や、SNSから話題となり注目を集める小説家は増えていくと考えられます。

また、小説家という職業自体が消えてなくなる可能性は極めて低いと考えられていますが、小説家として生活するのに困らないだけの収入を得ることが難しいのはこの先も変わらないでしょう。

この記事では、小説家の需要・現状と将来性について解説します。

小説家の現状

小説家として小説を出版するためには新人賞や文学賞で入賞する必要があり、多くの小説家志望者がそこを目指して日々執筆活動に取り組んでいます。

ただし、現実的にはこうした賞を受賞することは大変難しいことであり、小説家として名をはせるまでの存在になれるのは、ほんの限られた人だけです。

しかし今、インターネットの普及により小説を発表できる場は大きく広がっています。

小説サイトや個人ブログなどを利用すれば、プロからアマチュアまで簡単に作品を発表できるようになっています。

インターネットは情報が拡散するスピードも速いため、何かのきっかけに作品が話題となれば、出版社から目をつけてもらってデビューという可能性もゼロではありません。

また、自費出版も増え、「小説を書き、本を作り世の中に出す」こと自体は、かつてよりもハードルが下がっているといえるでしょう。

小説家の需要

今後、どれだけITが進化し続けようとも、「小説家」という職業自体が消えてなくなる可能性は極めて低いといえます。

ただし、小説家になって成功すること、つまり生活するのに困らないだけの収入を得ることが難しいのはこの先も変わりません。

どれだけ文学に対する情熱があっても、文章作成能力が高かったとしても、小説は単純にそれだけで売れるわけではありません。

また、継続して書き続けるというのも大変なことで、たとえヒット作を出したとしても、次の作品が売れずに第一線から消えてしまった小説家は多くいます。

アーティストや芸術家全般にいえることですが、一般的なサラリーマンのように毎月決まった給料が支払われる仕事ではないため、不安定な生活を送る覚悟が必要で、さらに自分が書きたい作品と売るために書く作品の狭間で苦悩することも多い仕事です。

そうした数々の困難を乗り越え、小説家になりたいと心から思える人こそが、小説家として生き残っていくでしょう。

小説家の将来性

近年はジャンルの多様化や小説投稿サイトの利用者の増加から、インターネット発の小説家も増えてきています。

小説投稿サイトで実力を認められデビューする小説家や、SNSから話題となり注目を集める小説家は今後より増えてくるでしょう。

とくに、アマチュアでも作品を投稿できるサイトは、純文学よりもライトノベルのような軽いタッチで若者に受ける作品が人気のため、こうしたジャンルは今後ますます人気が加速するでしょう。

小説家の今後の活躍の場

古くからある小説という文化は大きな岐路に立たされています。

今後は、出版不況の影響もあり、今後小説の主体は紙媒体からWebへと移行していくと考えられます。

もちろん本として形に残る出版形態も大切ではあり、今後まったく無くなることはないと考えられますが、少額で気軽に小説を読めるインターネット上でのシステムの現状を受け入れ、活路を見出さなければ小説家として生き残っていくことは難しいでしょう。

「小説家の需要・現状と将来性」のまとめ

小説家の需要として、どれだけITが進化し続けようとも、「小説家」という職業自体が消えてなくなる可能性は極めて低いといえます。

現状、小説家として小説を出版するためには新人賞や文学賞で入賞する必要があり、小説家として名をはせるまでの存在になれるのは、ほんの限られた人だけです。

将来性としては、インターネットの普及により小説を発表できる場は大きく広がっていくでしょう。