スタジオマンの仕事内容・なり方

スタジオマンとは?

「スタジオマン」とは、撮影スタジオに勤務し、そこで写真を撮影するカメラマンのことを指します。

撮影スタジオとは広告写真に使用するための商品を撮影したり、雑誌に掲載されるモデルを撮影したりする場所で、照明などの機材がひととおり揃っています。

そのため、多くのカメラマンが案件ごとに撮影スタジオをレンタルして、撮影を行っています。

スタジオマンがスタジオで働くことになると、まずは「助手」としてのキャリアからスタートするのが一般的です。

最初は掃除や片付けなどの雑用から始まりますが、だんだんと慣れてくれば照明など機材セッティングや露出計算など、本格的にカメラマンのアシスタント業務も行えるようになります。

撮影スタジオでカメラマンをサポートするスタジオマンは、カメラマンにとっては欠かせない存在だといえるでしょう。

スタジオマンになるには

全国に撮影スタジオはたくさんあるので、インターネットを使えば、スタジオマンを募集している撮影スタジオをたくさん見つけることができるでしょう。

また、カメラ雑誌にスタジオマンの求人情報が掲載されることもあります。

「これは!」と思うスタジオがあれば、求人が出ていなくても直接電話をかけてみるのもよいでしょう。

学校などで特別に写真を学んだことがない人も受け入れている撮影スタジオは比較的多くあります。

そのため、これからカメラマンを目指していきたい未経験者の人が、現場で撮影を学ぶ場所としても向いているといえます。

さらに、仕事を長く続けていくなかで、スタジオに撮影にきたカメラマンと親しくなれば、アシスタントにしてもらえる可能性もあります。

もちろんそれは運によるところもありますが、たくさんのカメラマンと知り合いになってさまざまな情報を得られるのは、スタジオマンのメリットといえるでしょう。

スタジオマンに必要なスキル・求められること

撮影スタジオには、毎日さまざまなカメラマンが訪れます。

また、被写体は人物もあれば商品のこともあり、同じ商品でも車や化粧品、バッグなど大小さまざまです。

撮影するものが違えば撮影方法も異なるため、スタジオマンはその様子を身近で見ながら、必要なサポートをしていく必要があります。

初対面のカメラマンにも撮影スタジオを快適に使ってもらえるよう、ある程度のコミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。

また、カメラマンは現場では限られた時間の中で効率的に撮影をしたいと考えているため、常にテキパキと臨機応変に動く姿勢が大事です。

撮影によっては早朝や深夜に行われるため、スタジオマンは長時間労働や、場合によっては泊まりがけで仕事をすることになるかもしれません。

ハードスケジュールにもへこたれない体力、精神力も必要です。