エディトリアルデザイナーへの転職、未経験採用

人の入れ替わりは多い業界

エディトリアルデザイナーが活躍する出版・印刷業界は、人の入れ替わりがわりと激しく、転職者も多数います。

転職をする人のおもな理由としては、エディトリアルデザイナーとして、より良い給料や待遇を求めたり新しい仕事に挑戦するためというケースや、独立するために会社を辞めるというケースもあります。

この仕事では、学歴や資格はあまり重視されず、実務経験やスキルがある人が重宝されています。

そのため、すでにエディトリアルデザイナーとしての経験があれば、転職はしやすいといえるでしょう。

大手企業には人気が集まりやすく狭き門となっていますが、小規模な会社ではつねに人手を欲しているというところもあるようです。

未経験でも転職できる?

エディトリアルデザイナーは、即戦力として働ける経験者が歓迎されやすい職種です。

ただし、未経験者の採用がまったくないというわけではありません。

未経験からスタートする場合、まずはアシスタントとして先輩デザイナーのサポート業務や、各種雑務を任されるのが一般的です。

まったく実務経験がない人でも、現場で仕事を覚えてスキルアップし、一人前のエディトリアルデザイナーとになれるチャンスはあります。

ただし、この仕事は個人のセンスや感性で決まるところも大きいため、日頃から自主的にデザインの勉強をする努力は必要不可欠といえるでしょう。

ソフトを扱えるようになっておくと有利に

エディトリアルデザイナーとしての実務経験はない場合でも、Adobeの「Illustrator」「Photoshop」「InDesign」のソフトを多少なりとも扱えるほうが、転職時に有利になることは確かです。

エディトリアルデザイナーの採用試験では、作品集の提出が求められたり、スキルチェックが行われることもあります。

先述したソフトは市販されているため、エディトリアルデザイナーになりたいと考えているのであれば日頃からソフトに慣れ親しむようにして、自分の作品を残しておくとよいでしょう。