このサイトはカメラマンを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「カメラマン」

仕事内容
カメラマンは、報道、芸能、広告などの各分野において、専門的に写真を撮影する仕事です。機材の扱い方やライティングなど、専門技術と知識を駆使して、美しい写真を残します。専門分野ごとに活躍する人が多く、よく「広告カメラマン」「報道カメラマン」「スポーツカメラマン」などと肩書きが付けられます。他にも、結婚式、学校の遠足や行事、家族のイベント事など、カメラマンが必要とされる場はさまざまあります。
なるには
カメラマンは、特別な学歴や資格が求められる仕事ではありません。なるための絶対的なルートは決まっておらず、プロカメラマンのアシスタントになり、補佐業務をこなしながら技術を磨く人もいますし、カメラマン養成スクールで学び、写真スタジオに就職する人もいます。また、完全な独学で写真コンクールに作品を応募したり、出版社等に持ち込みキャリアをスタートさせることも可能です。実力とセンスがあれば、誰でもカメラマンになることができます。
給料
カメラマンの働き方は、大きく「新聞社やスタジオなどに勤める」か「フリーランスで働く」の2種類に分けられます。勤務カメラマンの場合は、一般の会社員と同じく毎月会社から給料が支払われ、安定性はあると言えるでしょう。一方、フリーランスの場合は自分が請け負った仕事に応じて得た報酬が収入となります。有名カメラマンになれば何千万円を稼ぐことも夢ではありませんが、厳しい世界なので、そこまで到達できるのはほんの一握りです。
将来性
フィルム撮影からデジタル撮影への移行が進み、昔よりも撮影料はだいぶ下がりつつあります。そんな中、特に安定性があるのは広告など商業写真の分野と言われています。カメラマン志望者はいずれフリーで活躍したいと考える人も多いようですが、実際にこの仕事だけで生計を立てていけるようになるためには、かなりの努力に加え、業界の人脈や運も必要です。人づてで仕事が決まることが多いので、日頃から良好な人間関係を築いておくことが大切になってきます。