小説家のつらいこと・大変なこと・苦労

  
小説家は、孤独とは切っても切り離せない関係であり、他人と苦労を分かち合えない・理解してもらえないことがつらく感じることもあります。

また、小説家はクリエイティブな仕事のため、「スランプ」はつきものです。

スランプを脱するために一旦筆を置き、気分転換をする・逆に自分を追い詰めてアイデアが出るまで粘るなど、さまざまな方法で小説家は乗り越えます。

さらに、出版社などから執筆の依頼がなければ仕事をができないため、自分で出版社に企画や既存の作品をもち込んで営業をすることもあるでしょう。

この記事では、小説家のつらいこと・大変なこと・苦労について解説します。

小説家のつらいこと・大変なこと

一人で机に向かう孤独な仕事

小説家は基本的には一人で仕事をするため、孤独とは切っても切り離せない関係です。

一般的なサラリーマンの場合は、同僚や上司・部下などさまざまな人と協力しながら仕事を進めますが、小説家の場合はそういきません。

他人と、

  • 苦労を分かち合えない
  • 苦労を理解してもらえない

ことは予想以上にこたえるものです。

担当編集者に相談をしても、彼らは書き手ではなく、真の小説を書くことの苦労というものが理解されにくいのも確かです。

また担当編集者からのアドバイスは、商業側からのアドバイスであって、自分を認めてくれているか否かのという視点ではありません。

このように、小説家は孤独と向き合う仕事であることから、小説家同士で交流を持ち、困ったり悩んだりしたときにはお互いに相談し合っているという人も多いようです。

小説を書けないスランプ

小説家にもっとも多いトラブルとしては、小説を書けなくなってしまう、いわゆる「スランプ」です。

たとえば、

  • アイデアが思いつかない
  • 文章が思いつかない
  • 書きたいことは頭には浮かんでいても、うまく文章にできない

といったスランプは、小説家のみならずクリエイティブな仕事には必ずつきまとう問題です。

スランプを脱するためには人それぞれ方法があり、

  • 一旦筆を置き、気分転換をする
  • 逆に自分を追い詰めてアイデアが出るまで粘る

など、さまざまな方法で乗り越えることが必要です。

小説家の悩み

仕事を得られない

小説家は、好きなことを自由な環境で執筆できるというメリットがあるものの、出版社などから執筆の依頼がなければ仕事をができません。

近年は出版不況のため、実力がなければたとえヒット作を出した小説家でも契約を打ち切られる可能性があり、その際には自分で出版社に企画や既存の作品を持ち込んで営業をしなくてはなりません。

小説家はひとたび仕事がなくなると収入がなくなり、生活面でも苦労するためサラリーマンのように安定した仕事がしたいという人には向いていないでしょう。

世間からの評価がすべて

小説家は、世間からどう評価されるかによって小説家としての価値が決まります。

どれだけ時間をかけて懸命に書いた小説でも、世間から評価されずなければ苦労も水の泡となってしまい、本が売れなければ収入も激減してしまいます。

そのため、どんなに人気があり世間から評価されている作家でも、新作を発表する時は毎回緊張するといいます。

小説家を辞める理由で多いもの

小説家は基本的に「原稿料」と「印税」から収入を得ています。

原稿料は雑誌に掲載される際に、1回辺りの仕事量に応じて得られ、印税は単行本や文庫本を出版したのち、1冊売れるごとに約10%程度の金額が支払われるというものです。

しかし、小説家はそれだけでは生活していくことが難しいため、多くは兼業をして生活を支えています。

ただし、小説は一度ヒットすれば作家としても注目されますし、映画やアニメなどメディアミックス化する可能性もあります。

多くの小説家は、自分の小説がヒットし多くの人の心に届き、印税だけで生活できる日を夢見ています。

「小説家のつらいこと・大変なこと・苦労」のまとめ

小説家のつらいこと・大変なこととして、一人で机に向かう孤独な仕事であること、小説を書けないスランプになる場合があることが挙げられます。

小説家の悩みとして、簡単には仕事を得られにくいことや、世間からの評価に左右されることが挙げられます。

小説家を辞める理由で多いものとして、小説を書くだけでは生活が難しいことが挙げられます。