このサイトは小説家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「小説家」

仕事内容
小説家は、SFやミステリー、恋愛ドラマなどの物語を創作し、小説の作品として発表する仕事です。始めから本として出版される作品は「書き下ろし」と呼ばれます。その他、新聞や雑誌上で長期的に掲載される長編の連載小説や、短編小説、ショートショートなど、さまざまな種類があります。ひとつの作品が完成するまでためには多大な労力を必要とし、何年もアイディアを温め、構成を練り直し、ようやく形になることも少なくありません。
なるには
小説家としての第一歩を踏み出すには、各出版社が開催するコンクールに応募し、新人賞などに選ばれる方法が代表的です。自費出版で本を作るすることも可能ですが、名が知られていなければ売れる可能性は非常に低いのです。その点、受賞すれば選考委員のお墨付きで各出版社から作品が書籍化されるため、多くの人に本を手にとってもらいやすくなります。学歴はまったく問われないため、誰でも小説家になれるチャンスはあります。
給料
小説家のおもな収入源は、「原稿料」と「印税」の2つです。雑誌や新聞等に連載する場合、出版社や新聞社から原稿料を受け取ります。原稿料は400字詰め原稿用紙1枚当たり2,500円~5,000円程度が相場ですが、売れっ子小説家であれば3万円以上になることも少なくありません。印税は、出版した本が1冊売れるごとに、10%程度の金額が小説家に入る仕組みです。小説家は会社勤めではないため、福利厚生などの待遇はありません。
将来性
小説家は、会社員のように毎月決まった給料がもらえる仕事ではないため、非常に不安定な職業と言えます。しかし、心から小説家を目指す人であれば、安定性よりも自分が人生をかけてやりたいことに挑戦したいという気持ちが強いのでしょう。売れるまではアルバイトや他の仕事と両立して生計を立てている人も大勢いますが、現代はインターネットを使って手軽に作品を発表できるようになり、活躍のチャンスは広がっていると言えます。