小説にはどんなジャンルがある?

  
小説のジャンルは人それぞれ見解の相違があり、明確な答えはありません。

しかし、小説は大きく分ければ純文学・大衆文学・推理・官能といった4つに分類され、なかでも推理小説には原則的なルールが存在します。

この記事では、小説のジャンルについて解説します。

小説のジャンル

小説の4つのジャンル

小説は「文学」のなかの1ジャンルであり、

  • 純文学
  • 大衆文学
  • 推理
  • 官能

といった4つに分類されます。

純文学と大衆文学の特別な定義はなく、文学的な作品であれば純文学・一般的なエンターテイメントであれば大衆文学と使い分けられているだけです。

小説のジャンルは人それぞれ見解の相違があり、明確な答えはありませんが、大きく分けてこのように分類されます。

推理小説のルール

推理小説のルール
  1. 最低一人は死ななければならない。※他殺か自殺かは問わない
  2. ストーリーの展開で恋愛が出てくるのは問題ないが、恋愛が主軸になってしまってはいけない
  3. 主人公は明確に表さなければならない
  4. 語り手が一人称の場合は、それが主人公である必要がある
  5. 主人公を死なせてはいけない=主人公が不在となってしまう
  6. 主人公が犯人となってはいけない=主人公が不在となってしまう

こうしたルールはあくまでも原則であり、作品の内容によってはルールの範囲を超えることも可能ですが、多くの小説はこの形式に則って作品を書いています。

小説家の新聞連載

新聞連載の小説家に必要な条件

全国紙の多くでは、毎日連載される小説が掲載されています。

新聞連載を依頼されることは、小説家としても一種のステータスと言われ、小説家の中では新聞連載を目標にしている方もいるほどです。

新聞社から依頼が来ることは、それだけ社会的に評価されている小説を書いているという実感にも繋がります。

新聞連載作家になるための重要なポイントは以下のとおりで、

  • 長編小説を書ける
  • 社会的視点から見ても優れた小説であり、偏った批判などをしない
  • 万人が読んで共通しておもしろい、いい小説、続きを読みたくなると思わせる作品が書ける

とくに、長編小説が書けることは非常に重要なポイントです。

新聞はほぼ毎日発行されますし、連載小説は半年から一年など長いスパンで書かれることが多いため、原稿の量は単行本一冊以上となることもあります。

それだけの長編を、途中で挫折することなく書き上げられる作家だけが新聞連載作家に選ばれるのです。

そのほかにも、新聞で連載をするためには、

  • さまざまな賞を受賞し文芸界でも一目置かれていること
  • 編集者や他の作家からの信頼が厚い

ことなどの要素が加味されます。

新聞連載小説を書くには

新聞連載小説を書くには、普段の小説を書く以上にさまざまな作業が必要です。

多くの人の目に触れる作品となるため、間違いがあっては許されません。

連載が決まってから何年もかけてプロット・構成・取材などの準備を仕上げて望む人がほとんどです。

また、新聞に連載される文字数に合わせて体裁を整えたり、挿絵をつけたりするため、編集者と二人三脚で連載を乗り越えていくようです。

「小説にはどんなジャンルがある? 」のまとめ

小説は、純文学・大衆文学・推理・官能の4つに分類されます。

純文学と大衆文学の特別な定義はなく、文学的な作品であれば純文学・一般的なエンターテイメントであれば大衆文学と使い分けられています。