出版社社員の勤務時間・休日・残業は多い?

出版社社員の勤務時間

出版社が定める勤務時間は9時~18時、10時~19時などが一般的で、事務や経理など管理系の職種であれば、およそこの時間通りに勤務しているようです。

営業職になると取引先の都合に合わせて、多少の時間外勤務が加わることがあります。

一方、編集者をはじめとする編集部での仕事は、なかなかこうはいきません。

雑誌の場合は固定した読者を抱え、毎週、毎月、隔月など、タイミングはさまざまながら発行日があらかじめ決まっているため、印刷会社へ入稿する締切日を意識して制作を進めます。

ある程度、余裕をもったスケジュールを組んでいたとしても、原稿の差し替えや調整など突発的に起こることも多く、締切前にはどうしても長時間残業になりがちです。

書籍をつくるにも原稿を集めたり、取材をしたりと時間はかかりますが、最悪、発行日を動かすことができるため、雑誌ほどの過酷な残業時間にはなりません。

出版社社員の休日

出版社社員の休日は、基本的に土・日曜日と祝日です。

また他業界の一般的な企業と同じように、夏季休暇や年末年始休暇などもあります。

しかし締切前や取材対象者の都合に合わせ、休日出勤になることも出てきます。

その場合、大手の出版社であれば業務の立て込んでいない日に代休を取れることが多いですが、少人数で動いている中小出版社では、100%代休が取れない場合もあるようです。

勤務年数に応じた有給休暇も支給されるものの、雑誌編集のような慢性的に忙しい部署に配属されると、なかなか積極的に有給を取れていない人もいるのが実情です。

出版社社員の残業時間

出版社社員の残業時間は、勤務先の出版社の種類と配属先、担当業務によって大きく変わります。

出版社はとにかく残業が多いと思われがちですが、編集以外の仕事では、そこまで長時間の残業にはならない場合もあります。

また、編集職でも専門誌を扱う小さめの出版社勤務の場合や、季刊誌を担当している場合には、制作が大詰めとなる一時期以外は定時に近い時間で退社している人もいます。

編集職は個人の裁量で仕事を進めやすく、忙しい時期でも少し余裕ができたら早めに退社する日を設ける、なども可能です。

最近は、出版業界でも残業時間削減に取り組む意識があるため、遅出や半休、中抜けなどが許される会社が多く、メリハリをつけて働きやすくなっています。

出版社社員は忙しい? 激務?

出版社のなかでも、管理系の仕事や、営業・販売などの仕事に就いている人は、日常的には忙しく動いていても、深夜までの残業や度重なる休日出勤が発生することはさほど多くありません。

出版社で激務といえるのは、やはり編集(とくに週刊誌)の仕事です。

編集部勤務の場合、締切前に残業が増えるのは各社共通ですが、週刊誌の担当者の場合は締切が毎週やってくることから、休む暇なく仕事に追われる傾向にあります。

またゴシップ雑誌の記者やカメラマンの場合は狙った有名人を張り込むこともあり、動く時間帯は相手に合わせるしかありません。

休日でもネタを見つけると職業病で仕事モードに入り、張り込んでしまう人もいるほどです。

さらに、漫画や小説を掲載する雑誌の担当者の場合、作家の筆が進まないと拘束時間がどんどん長くなります。

一方、ファッションやグルメ雑誌、ビジネス誌などにおいては、取材自体は常識的なビジネスタイムに行われるため、締切前を除けばある程度はプライベートな時間が確保できるでしょう。