編集者の勤務時間・休日

編集者の勤務時間

決められた終業時間通りには働けない

編集者の勤務時間というのはあってないようなものです。

出版社など会社勤めの場合、9時から10時に始業で18時終業といった形が一般的ですが、定時きっかりで上がれることはほとんどありません。

仕事量によっては何日も泊まりがけで働き、ようやく仕事が片付いたから二日間くらい休む、といった非常に不規則な勤務時間になることも珍しくありません。

一般的なサラリーマンのように規則的な生活がしたいという考えの人は、そもそも編集者には向いていないでしょう。

担当分野で異なる勤務体系

自分が所属している編集部が何を扱うのなのか、またその発行物の刊行頻度によっても勤務体系はことなります。

雑誌はほとんどが定期刊行物なため、締切がある以上、勤務時間が不規則になるのはある程度仕方がないと言えるでしょう。

自分のやるべき業務が一段落しても、他の業務が滞っていたり、トラブルが起こったりすれば、締切に間に合わせるため編集者全員で協力して間に合わせなければなりません。

一方、書籍を扱う部署で締切前以外であれば、比較的余裕があり穏やかな働き方ができるといえます。

編集者の休日

編集者の休日も、勤務時間と同様あってないものと考えた方がよいかもしれません。

就業規則として決められた休日は存在しますが、その通りに仕事を休めることはほとんどないと覚悟した方がよいでしょう。

特に締切前や大型連休前・年末年始前などは印刷所が停止してしまうため、通常よりもタイトなスケジュールで動かなくてはなりません。

そのため編集者は休日返上で働き、締切後にようやく休みをとるというようなスタイルです。

また、基本的に編集者はシフト制で休みを取り、土日が完全に休みというところはほとんどありません。

編集者の残業時間

編集者として働く人で、残業をしない人はまずいません。

編集者の仕事は、とにかく刊行のスケジュールありきで進みます。

どれだけ仕事が滞っていようと、刊行を遅らせたり中止させたりすることはできないため、とにかく間に合わせるために多くの時間を割かなくてはならず、必然的に残業も多くなります。

編集者を目指す上では、残業や長時間労働は覚悟の上で業界に入らなくてはならないでしょう。

編集者は忙しい? 激務?

編集者の仕事はとにかく忙しく、激務であるといえます。

編集者は常に何本もの締切を抱える人も少なくないため、「仕事がひと段落する」という概念があまりないこともあるでしょう。

ただし、一年を通して常に忙しいというわけではなく、特に忙しいのは締切前で、それ以外は比較的落ち着いた時間を過ごすこともでき、休暇を取ったり次の企画をじっくり考えたりする時間を持つこともできます。

編集者として働くうちにタイムマネジメント能力が培われ、どれだけ忙しくても平気になる人も少なくないようです。

編集者の休日の過ごし方

普段忙しく働いている編集者は、つかの間の休日をじっくりと休息に充てる人が多いようです。

また、息抜きに旅行や買い物に出かけたりしても「これは次の企画のネタになるのではないか」とメモを取ったり、気になるものをとことん調べてしまったりと、編集者としての視点を捨てきれない人もいるようです。