小説家になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・講座)

  
小説家になるのに学歴は必要なく、作品を書いて評価されればデビューができます。

しかし小説家のための学校や講座は、プロの小説家やライターが講師を務めていることが多く、実践的で役に立つ技術が学べたり、仲間やコネクションができることもあるため学校や講座に通うことは有効です。

また、学生時代にほかの人に負けない知識を身につけたり、誰にも負けない好きなもを見つけることは、小説家としての大きな強みにもなるでしょう。

この記事では、小説家になるための学校について解説します。

小説家になるための学校の種類

小説家になるために特別な学歴は必要ありません。

逆を言えば、作品を書いて評価されれば、誰でも小説家になるチャンスがあり、たとえ学歴がなかったとしても小説家としてデビューできます。

しかし、小説家になる学校や講座を利用し、少しでも夢に近づきたいという人は多くいます。

小説家のための学校や講座は、プロの小説家やライターが講師を務めていることが多いです。

実践的で役に立つ技術を直接的に学べ、夢を同じくする仲間ができたり、コネクションができたりすることもあるため、小説家になるために努力したいという人には学校や講座に通うことは有効といえるでしょう。

小説家になるには

小説家になるための大学

小説家を目指すための大学としては、

  • 日本語の基礎が学べる日本語学科
  • 文芸について学べるコース

などがあります。

小説家というと、文学など文系を学んでいる人が有利と思われるかもしれませんが、医学化学など理系の知識を生かして小説を書いている人も多く、必ずしも文系が有利なわけではありません。

小説家になるための専門学校

小説家になるための専門学校として、

  • 小説などの文芸表現を学べるコース
  • シナリオや脚本などを学べるコース

があります。

こうした専門学校では、

  • プロが直接指導してくれることが多い
  • 映画やアニメーションなどをどのように作るのか実際に体験できる

こともあり、小説を書く上では貴重な経験になることも多いでしょう。

小説家になるための講座

小説家を目指す人のための講座やスクールなども開催されています。

ただし、こうした講座は大都市に集中していることも多く、地方に在住している人にとっては利用しにくいものになっている場合もあります。

そうした場合には通信講座を利用するのもひとつの方法です。

独学で小説家になるには

特別な学校に通ったり、小説に関する勉強をしたりしていない人でも小説家になることは可能です。

ただし、小説家として多くの人を感動させる文章を書くためには、多くの本を読み校正や書き方などを研究し、自分なりの作風を作り上げていかなくてはなりません。

独学で小説家を目指す場合は、自分の目標をしっかりと持ち、努力を続けることが大切です。

また、独学で小説家を目指す場合は、人から批評を受ける機会が少なく、「自分のどこがよいのか、また悪いのか」を客観的に判断することが難しくなります。

定期的に作品を投稿したり、知人などに読んでもらって感想を聞いたり、インターネットに小説を投稿し、反応を見たりするなど自分の実力をしっかりと知ることも大切です。

小説家の学校選びのポイント

小説家になるために、特別な学校に行かなくてはいけないことはありません。

ただし、学生時代にどのような経験をするかは、その後小説家として作品を書く上では、大きな影響があるでしょう。

学生のうちに、

  • ほかの人に負けない知識を身につける
  • 誰にも負けない好きなものがある

という強みがあれば、それを小説に生かすこともできます。

「小説家になるためにはどんな学校に行けばいい? 」のまとめ

小説家になるための学校には、大学・専門学校・講座があります。

小説家のための学校や講座は、実践的で役に立つ技術が学べたり、仲間やコネクションができることもあります。

ただし、小説家になるのに必ずしも学歴は必要なく、作品を書いて評価されればデビューすることができます。