エディトリアルデザイナーの資格

エディトリアルデザイナーとして働くうえで、資格が必要とされることはあまり多くありません。

資格よりも、出版や印刷に関する全体的な知識やデザインセンス、関連ソフトを扱うスキルなどが求められる仕事です。

そのため、資格があれば就職や転職に大きく有利になるとは言い難いですが、資格取得のために勉強をすればスキルアップになるでしょう。

ここでは、エディトリアルデザイナーの仕事に関連する代表的な資格を紹介します。

アドビ認定アソシエイト(ACA)

エディトリアルデザイナーは、Adobeの「InDesign」という編集ソフトを中心に、「Illustrator」や「Photoshop」などのグラフィックソフトも使用します。

これらを使いこなせるスキルを身につけていくことは、エディトリアルデザイナーとして活躍するうえで不可欠といえます。

これらのソフトに関連する資格として、アドビ製品を使いこなすスキルを証明する「アドビ認定アソシエイト(ACA)」があります。

試験科目は各アプリケーションごとに独立しており、資格は科目ごとに認定されます。

DTPエキスパート

「公益社団法人 日本印刷技術協会」が認定する「DTPエキスパート」は、DTPに関連する業務において、要求される能力や知識を証明する民間資格です。

「DTP」「色」「印刷技術」「情報システム」「コミュニケーション」の5カテゴリから出題され、よい印刷物をつくるために求められる印刷の基礎知識や、DTPおよびコンピューター関連知識が問われます。

DTPエキスパート

DTP検定

DTPに関連する資格としては、ボーンデジタル社が運営する「DTP検定」もあります。

資格は「DTPディレクション」と「DTPビジネス」の2種類があり、前者が印刷物制作の全行程を総合的に管理・監督するディレクターとしての能力を評価する検定として、エディトリアルデザイナーの役割により近しいものとなっています。

DTP検定