新聞記者とフリーの記者の違い

新聞記者を志す人や新聞記者として働く人のなかには、フリーランスという働き方に関心を寄せる人もいるでしょう。

この記事では、会社などに所属する新聞記者とフリーの記者を比較しながら、その仕事内容や資格の違いを紹介します。

フリーの記者とは?

新聞記者とは、通常は新聞社勤務の記者を指します。

フリーの記者は、どの新聞社にも所属しない記者という意味で呼ばれることがあります。

フリーの記者とは、おおむね雑誌記者や週刊誌記者を指すことが多いです。

新聞記者は新聞社勤務

新聞記者はほとんどの場合、新聞社の定期採用試験に合格することが前提です。

新聞社の定期採用試験は、編集とその他の部門に分けて試験が行われ、新聞記者を志す人は、編集部門の試験を受けなければなりません。

大多数の受験生は編集志望であり、その他の部門の試験を受ける人は少数です。

倍率の低いその他の部門の試験を受け、合格後に編集に移ろうと考える人もいるようですが、新聞社としては、編集とその他の部門に分けて試験をする以上、合格後に人事交流を認めることは基本的にありません。

入社後の勤務成績や適性などを考慮のうえ、一定の年数を経たあとは人事交流をしています。

フリーの記者の仕事

フリーの記者の仕事の内容

フリーの記者は、大学卒業後、企業に入社できずにフリーとして活動している人や、新聞社や出版社を退社してフリー記者となるケースがあります。

フリーの記者の場合は、ひとつの新聞社や雑誌社とではなく、いくつかの週刊誌、雑誌等と契約することによって仕事をします。

企業に所属する記者とは異なり給与はなく、おもな収入は原稿料ですから、体調不良などで仕事ができなければ収入は途絶えてしまいます。

フリーの記者のデメリット

新聞社に所属している記者は、名刺によって仕事をするケースが少なくありません。

本人の能力や人柄、取材力とは関係なく「○○新聞社の記者」というだけでインタビューや取材は可能です。

しかし、フリーの場合は取材やアポイントをとることすら難しく、「何者かよくわからない」「どんな記事を書かれるのか信用できない」として取材を断られるケースが大変多いのです。

また、フリーの記者は官庁や自治体の記者クラブに所属できないケースが多く、取材上、大きな不利を負うことになります。

新聞記者とフリーの記者の違いのまとめ

フリーの記者とは、おおむね雑誌記者や週刊誌記者を指すことが多いです。

フリーの記者の場合は、ひとつの新聞社や雑誌社とではなく、いくつかの週刊誌、雑誌等と契約することによって仕事をします。

新聞社に所属している記者は本人の能力や人柄、取材力とは関係なく「○○新聞社の記者」というだけでインタビューや取材は可能ですが、フリーの記者にはそういった後ろ盾がない分不利といえます。