コラムニストに向いている人・適性・必要なスキル

コラムニストに向いている性格・適性

コラムニストは新聞や雑誌、ウェブサイトなどの媒体メディアに、コラムを定期的に執筆します。

とにかく文章をたくさん書きますので、まずは文章力がなければ仕事になりません。

さまざまな文筆業のなかでも、コラムは短い文章でわかりやすく人に伝えなければならないため、執筆するのは非常に高いレベルの文章力が求められます。

読みやすく質の高い文章を書くには、とにかく文章を書くのが好きで、自分の考えを文章で表現したいという人が向いています。

文章力は読者量に比例してみがかれる部分もあるため、文章を読むことが好きな人も向いているといえるでしょう。

コラムニストになるには

コラムニストに必要なスキル・能力

情報収集力のある人

読書家で文章を書くことが好きなだけでは、コラムニストになることはできません。

コラムニストが執筆するコラムのテーマは多岐にわたり、ときには理系の知識や思考力が必要とされる場合があります。

たとえ自分の専門外のジャンルに関する執筆依頼がきても、自分で資料を集めたり、書物を読んだりして理解しようとする力がなければ、仕事をもらうことはできないでしょう。

また、あるテーマに関してコラムを執筆する場合、テーマに対して自分は賛成なのか反対なのか、世間はどのような評価をしているかなどをしっかり考え調べることも大切です。

主観を挟むことが多いコラムといえど、不特定多数の人に読んでもらい、支持してもらうためには、正確な情報を提供しなければなりません。

情報収集力があり、さまざまなことを吸収して文章に消化しようという人であれば、コラムニストに向いているでしょう。

感性が豊かな人

コラムニストになってから、仕事を継続することができるかどうか否かは、コラムの内容で勝負しなければなりません。

コラムニストになる以前に、記者や編集者研究者や専門家などとして実績があれば、十分な仕事の依頼件数や原稿料をもらうことができるでしょう。

しかし、とくに実績がない場合は、コラムの内容がすべてです。

短い文章のなかで読者の心をぐっとつかみ、感動させられるようなコラムを執筆することができるかどうかによって、仕事の依頼件数や原稿料は決まります。

感性が豊かで、人とは違ったオリジナリティのある人はコラムニストに向いているといえるでしょう。

コラムニストに向いていないのはどんな人?

コラムを執筆するということは、クライアントである出版社やコラムが掲載されるメディアが必ず存在するということです。

コラムニストは、この編集者の意向や読者ターゲットに即した内容を提供できなければなりません。

自分なりの解釈や考え方を表現することは非常に重要ですが、それ以前に仕事をする上で一般的なコミュニケーション能力や適切な判断力も求められる仕事です。

さらに原稿の締切を守る、スケジュールを管理する、といった総合的な社会性があるかどうかも、コラムニストの適性に関わります。

どれだけ素晴らしい原稿を書けたとしても、締め切りを守らない、編集者とうまくやりとりができないといったコラムニストは、仕事を継続してもらえないでしょう。