編集者になるには

編集者になるには

出版社に就職する

編集者を目指す人にとって最大の目標は、出版社に就職することでしょう。

しかし大手の出版社の採用倍率は非常に高くなっているため、有名大学の採用者が多いというのが現状です。

編集者として採用される場合、何か得意な分野を持っていると採用されやすくなります。

出版社にもよりますが何かしらの専門知識があり、それがレアなものであればあるほど出版社は重宝してくれるでしょう。

編集プロダクションに就職する

編集プロダクションとは出版社の下請けで、おもに出版社から指定された本や特定の記事を作り上げる会社です。

出版社よりは就職しやすい環境と言えますが、新卒採用は少なく、アルバイトや中途採用が多いようです。

出版社に就職するときと同じように専門分野の知識を持っていることで有利となる場合もあります。

アルバイトとして就職する

出版社や編集プロダクションは人材の入れ代わりが非常に激しいのが特徴で、アルバイトの募集も多く行われています。

アルバイトの仕事内容はまちまちですが、コピー取りや雑用的な仕事のほか、簡単な文章を任せてくれたりすることもあります。

ここで下積みをして、そこからフリーになる人や、他の出版社などに転職する人も大勢います。

また、仕事ぶりが評価されれば出版社や他の大手の編集プロダクションからの引き抜きもよくあります。

この業界では、実務経験は正社員であろうとアルバイトであろうと強みになるため、まず業界に飛び込んでみるというのもひとつの方法でしょう。

フリーランスの編集者になる

フリーランスの編集者はフリーライターと違って、すぐになることはできず、まずは出版社や編集プロダクションで経験を積まなければなりません。

一般的な流れとしては、出版社・編集プロダクションに入社し経験を積み、退職後にフリーランスとなります。

出版業界に入社すると経験を積むことは当然のことながら、そこでさまざまな人と知り合い、コネクションを作ることができます。

業界は意外と狭い世界であるため、人脈を広げておけば、仕事をするうちに思わぬところで関係者とつながり、新しい仕事がもらえる可能性もあります。

編集者に資格は必要?

編集者になるために、特別必要とされる資格はなく、資格があるから就職や業務上で有利というものもありません。

ただし、編集者を目指す人にとって「得意分野」があることは大きな強みとなります。

出版社は年間何百冊もの本や雑誌を作り上げ、そのジャンルもさまざまなため、自分の得意分野があることでその知識を本づくりに生かすことができます。

自分がどのジャンルに携わるかはもちろんわかりませんが、いずれは自分の得意分野に関わる書籍に携わる可能性もあるため、趣味や特技を持つことを大切にしましょう。

編集者を目指す人におすすめの資格

編集者になるための学校の種類

大手出版社の多くは、大卒を採用条件としています。

どこか特定の大学に入っておけば非常に有利になることはなく、学部についても、文系だから有利ということはまずありません。

ただし、大手出版社は高学歴の学生を採用する傾向にあります。

出版社が人気の職業のため、どうしても高学歴の学生のほうが採用試験時に有利になるからで、編集者を目指す場合は、こうした人々と競争する覚悟がなければ、採用試験をパスすることは難しいでしょう。

編集者に向いている人

編集者に向いている人は、さまざまな方向から物事を見ることができる人です。

本や書籍は、ありきたりなタイトルや企画では、誰も手に取ってくれません。

ほかの人がしていない新しいことを考えたり、同じものを見ていても人とは違う視点から物事をとらえられたりするセンスが必要です。

専門的な知識を持つことも必要ですが、編集者の物の見方やセンスから、新しい本や雑誌が生まれることは多々あるため、新しい考え方や切り口を見つけられる人が編集者に向いているといえるでしょう。

編集者に向いている人・適性・必要なスキル

編集者のキャリアプラン・キャリアパス

編集者は、採用されてもすぐに編集の仕事ができるわけではありません。

まずは下積みをしながら先輩編集者の働く姿を見たり雑務をこなしたりしながら、仕事の仕方を覚えておきます。

そして仕事ぶりが評価されれば、徐々に紙面づくりに参加できるようになります。

もし大きな仕事に関わったり、ヒット作を手掛けたりすれば、別の出版社や他の大手の編集プロダクションからの引き抜きされるというケースも少なくないようです。

編集者を目指せる年齢は?

編集者を目指す場合、覚悟しておかなくてはならないのは下積みの厳しさです。

一人前として仕事をまかせてもらえるようになるには時間がかかり、中途採用の場合は、年下の編集者から指示を受けたり雑用を頼まれたりすることもあるでしょう。

そうした業務に耐えられるかということが、編集者を目指す上で一つの問題となります。

また、編集者は激務であることから、体力的な面から見ても編集者を目指すなら出来るだけ早いうちの方がよいでしょう。

ただし、紙媒体にこだわらないWEB媒体のメディアの場合は、特に年齢制限や前職の経験を問わないことも多いようです。

編集者は高卒から目指せる?

編集者の求人としては大卒を条件にしているところが多く、特に大手出版社ほど高学歴を採用する傾向にあるため、採用の基準が満たせないとまずは不採用になると考えた方がよいでしょう。

ただし、アルバイトや中途採用の場合は、高卒でも可としている出版社や編集プロダクションもあります。

経験がものを言う仕事のため、まずは学歴不問の編集プロダクションなどから業界に飛び込み、編集者を目指してステップアップしていく方法がよいでしょう。

また、エディタースクールなどに通って記事の書き方を覚え、ライターとして出版社や編集プロダクションと契約することも、編集者への足掛かりとなります。