小説家と編集者の違い

  
小説家は小説を書くのが仕事です。

編集者は小説家のサポート役として、さまざまな資料を用意したり、表現に誤りはないかを調べたり、よりよい書き方はないかを小説家と一緒に模索します。

基本的には、小説家に編集者が1人つき一緒に協力して本をつくりあげていきます。

また、小説家は出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるというのが、一般的ですが、編集者は出版社や編集者をかかえる編集プロダクションに就職するのが一般的です。

この記事では、小説家と編集者の違いについて解説します。

小説家と編集者の仕事内容の違い

小説家と編集者は、協力して本を作り上げますが、役割には大きな違いがあります。

小説家は小説を書き、編集者はその小説を商業的に売れるようさまざまな工夫をします。

たとえば、表現にリアリティを出すためにさまざまな資料を用意したり、表現に誤りはないかを調べたり、よりよい書き方はないかを小説家と一緒に模索したりします。

一般的には、小説家には出版社の社員が担当として一人付き、本が出来上がるまでにさまざまなサポートをしながら協力して作品を作り上げます。

編集者の仕事

小説家と編集者のなる方法・資格の違い

小説家としてデビューするためには、自分の小説が書籍として売り出されなければなりません。

そのため、出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるというのが、一般的なデビューまでの流れです。

一方編集者の場合は、出版社の社員となるため、出版社や編集者をかかえる編集プロダクションに就職するのがメジャーです。

編集者は人気の職業であり、採用試験の倍率は数十倍から百倍を超えることも少なくなく、小説家になるのと同様非常に狭き門です。

小説家と編集者の資格・必要なスキルの違い

小説家、そして編集者になるために、特別必要とされる資格はなく、資格を持っていると業務上で有利というものもありません。

ただし、小説家・編集者を目指す人にとって「得意分野」があることは大きな強みとなります。

小説家は自分の得意分野を生かして作品を描がけますし、出版社は年間何百冊もの本を作り上げているため、そのジャンルもさまざまで、得意分野を本づくりに生かせます。

小説家と編集者の学校・学費の違い

小説家に特別な学歴は必要ありません。

しかし、編集者を目指す場合には大卒が条件となることがほとんどです。

大手の出版社の多くは、採用条件として「大卒」をあげていますが、どこか特定の大学に入っておけば非常に有利になることはなく文系だから有利、理系だから不利ということもありません。

ただし、出版社勤務は人気の職業のため、どうしても高学歴の学生のほうが採用試験時に有利になる事実を知っておくことも大切です。

小説家と編集者の給料・待遇の違い

小説家の場合は、小説を書いた原稿料と書籍が売れた印税が自身の収入となります。

編集者の給料は担当する小説家や本の売れた・売れないに関わらず出版社の規定にしたがって支払われ、平均は400万円から500万円の間くらいといわれています。

大手出版社や人気の本を出版している出版社であれば、給料や待遇もある程度は保障されますが、編集プロダクションやアルバイトで働く場合は、年収200万円から300万円程度という人もおり、大きく差があるようです。

小説家と編集者はどっちがおすすめか

小説家と編集者は協力して作品を作り上げますが、文章を書き世界を表現する小説家と、その作品を売れるようにサポートする編集者では大きく役割が異なります。

そのため、

  • 自分で作品を発表したい、文章を書いて生計を立てたいという人は小説家
  • 本づくりに携わりたい、多くの人に小説家の作品を届けたい

という思いが強い人は編集者に向いているでしょう。

「小説家と編集者の違い」のまとめ

小説家は小説を書き、編集者はその小説を商業的に売れるようさまざまな工夫をします。

小説家になるには出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるのが一般的なものの、編集者になるには出版社や編集者をかかえる編集プロダクションに就職するのが一般的です。