出版社社員の仕事内容、業務内容

出版社の業務内容 出版社とは、書籍や雑誌などの出版物を発行する企業を指します。 出版物の企画から印刷、製本までのクリエイティブな業務に加え、書店への営業や広告宣伝といった、出版物がより広く読まれるための業務も出版社の仕事 … 続きを読む

出版社に特有の職種

編集者 編集者(エディター)は書籍や雑誌の企画を立て、納品されるまでの管理を行う職種です。 作家やライター、デザイナー、カメラマン、イラストレーターなどに仕事を依頼し、それぞれから上がってきたクリエイティブをまとめて入稿 … 続きを読む

出版社社員のやりがい、魅力

完成した書籍を手にした時 毎日忙しく働く出版社社員にとって、雑誌や書籍の完成は待ちに待った瞬間です。 とくに責任者として企画から制作、印刷までのすべての工程にかかわり、たくさんのスタッフとともにハードワークをこなしてきた … 続きを読む

出版社社員のつらいこと、大変なこと

企画を立てること 出版社社員、とくに編集者が最も苦労するのは、企画を立てることです。雑誌の特集ページの場合は、ただ単に企画案を出せばいいというわけではありません。 新鮮な話題か、発売月や季節に合っているか、昨年の同じ時期 … 続きを読む

出版社社員の現状と将来性

書籍離れが深刻化 1996年をピークに、書籍や雑誌などの出版物全体の販売高は減少し続け、近年では特に月刊誌や週刊誌などの雑誌類が大きく落ち込んでいます。 これにはインターネットやスマートフォン、タブレット端末の普及による … 続きを読む

出版社社員の雰囲気、風土

社内は比較的騒がしい 出版社の社内は、一般的な企業と比べるとひっきりなしに電話が鳴ったり、社員同士でディスカッションしていたりと常に騒がしく、シーンとしていることは皆無です。 正式な編集会議や大人数での話し合いはミーティ … 続きを読む

出版社と編集プロダクションの違い

出版社の仕事とは 書籍や雑誌などの出版物を発行する会社を出版社といい、大きく分けると制作、営業、管理の3部門の業務を行っています。 制作はヒットする書籍の内容や面白い雑誌の特集の内容を考える企画に始まり、編集者を中心に誌 … 続きを読む

大手と中小の出版社の違い

大手出版社の特徴 出版業界で昔から大手3社といわれているのが、集英社、小学館、講談社です。 近年、合併吸収などで勢力を拡大した出版系グループもありますが、純粋な出版業以外の分野へ業務を広げているため、大手3社には一線を画 … 続きを読む

出版社の営業とは

書店営業 出版物の発注は、小売店が売れそうだと判断した商品を取次店へ注文し、取次店から出版社へと注文が寄せられるという流れで、取次店の判断で、売れそうな商品を大量に仕入れておくというパターンもあります。 いずれにしても書 … 続きを読む